館森館
秋田県横手市(旧雄物川町)雄物川町大沢
立地・構造
 館森館は横手盆地の中央西部、東流する上法寺川北岸の北から南側に張り出した低丘陵(比高10−15m)に築かれた平山城です。城の規模は推定東西60ー80m×南北200−300mほど(か?)、城は段丘崖を自然の切岸としたシンプルな城館と思われますが構造は不詳。館の南側下には本荘街道が通っています。

 築城時期・築城主体ともに不明。戦国期には小野寺氏の一族山内弥八郎が拠したとも。『雄勝郡村誌』には「館森城 東西三町二十間許南北四町許。村ノ東根羽子ニアリ回字形ヲナセルナリ古井アリ。伝ニ曰ク小野寺義道ノ一門山内孫太郎 元亀ノ頃之ヲ築キ居リ 後高寺ニ移ルト云ウ。天正十年 由
利十二党ト小野寺義道ノ戦場ナリ」と記されています。
歴史・沿革
館森館  本郭西側の塁線
メモ
小野寺氏の番城か?
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年4月13日
館森館は大沢地区根羽子沢背後の南北に細長い丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー南側からの近景 写真右上ー北東側からの遠景) とはいっても特にめぼしい遺構は見られず、東・北・西側の段丘崖が遺構といえば遺構だったのかも。(写真左下ー西側の段丘崖 写真右下ー東側の段丘崖) 内部は一般の宅地・耕作地になっているため徘徊を断念。(写真左ー内部) 南西1kmには本荘街道を挟むように大沢城が構築されており、城自体は街道筋を扼する小野寺氏の番所的な性格をもつ城砦として利用されたのでしょう。同地は「根羽子沢遺跡」と呼ばれる縄文遺跡との複合遺跡になっています。