薄井新城館
秋田県横手市(旧雄物川町)雄物川町薄井字新城
立地・構造
 薄井新城館は横手盆地の中央西寄り、雄物川右岸の微高地(比高2−3m)に築かれた平城です。現在、館祉は新城地区に包括され遺構が消滅しているため規模・構造ともに不明。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。一説には小野寺氏の支配下にあった村落領主臼井氏が拠した居館とも。『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくないのですが・・・・・・
・・)の「戸沢九郎盛安、沼舘を攻むるの事」には天正14(1586)年、沼館城へ侵攻した角館城主戸沢盛安が「新城に居陣して旗を挙げさせ・・・・・・・・・、小出にて敗北の軍兵を集るに・・・・・・・・」と記されていて、「阿気野の戦」の際 新城館には戸沢氏の陣が敷かれていたようです。
歴史・沿革
薄井新城館  北西側からの遠景
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城
別名
新城
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年6月14日
薄井新城館は雄物川の東岸、平野部の微高地に築かれた平城らしいです。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー北東側からの遠景) とは言っても館祉と想定される新城地区は周囲の水田より2−3mほど高い微高地になっているのみで特に明確な遺構は見られません。内部は一般の宅地・耕作地になっていて(写真左・左下)、館祉をうかがい知れるのは「新城」という地名のみ。(写真右下)