川口館
秋田県大館市川口
立地・構造
 川口館は比内盆地の西部、米代川右岸の河岸段丘先端(比高10−15m)に築かれた平山城で、東西70m×南北30mほどの単郭の平山城です。館の西側は山田川を自然の濠として取り込み、東・南側は段丘崖、北側は幅10m・深さ4−5mの堀で城域を区画しています。同地は比内盆地の西端、米代川の狭隘部に位置し、米代川沿いに比内盆地に入る要衝地に築かれていることから交通路を監視・遮断する性格があったと想定され、また米代川沿いの開発拠点とも思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。『郷村史略』には「此村は佐藤兵助と云者開基の村也・・・・・・・・、一村皆彼が別家といふ旧家なり・・・・・・・・。古城佐藤兵助が居住也、百姓に下りて城に八幡を勧請す。」と記され、また『浅利與市侍武限』には「武頭 川口村住居 佐藤兵助」の記載があり、館主は比内浅利氏の被官佐藤兵助とされます。佐藤氏の出自・事績は不明、もともとこの地の開拓領主と思われます。天正末期、浅利氏の没落により廃城か?。
川口館  北側の堀
メモ
比内浅利氏の被官
佐藤氏の居館
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
八幡神社境内
駐車場
路上駐車
訪城日
平成21(2009)年5月26日
川口館は川口地区の南西端、西側に張り出した河岸段丘先端に築かれた単郭の平山城です。(写真左) 館の西側には山田川が南流して自然の濠となり、南・東側は段丘崖で、北側は幅10m・深さ4−5mの堀を穿って城域を区画しています。堀は城の規模に比較すると巨大なものです。(写真右下ー北側の堀) 現在、内部には佐藤兵助が廃城後に勧進した八幡神社が祀られています。(写真左下) 館から南側には米代川の沖積平野が広がり、佐藤氏は山田川の水口を掌握するため、この地に館を構えたとも推測されます。