前田館
秋田県大館市比内前田
立地・構造
 前田館は比内盆地の南西縁、背後の丘陵から北東方向に張り出した微高地(比高3−5m)に築かれた単郭の平城です。城の規模は東西80m×南北80mほど、背後の丘陵続きを堀で断ち切って館を独立させています。現在、館祉は耕作地に改変され、また南側の堀は道路建設により消滅していますが、発掘調査から竪穴式住居・掘立柱建物祉が出土し、また堀は幅7−10m・深さ1.5−2mと確認されています。同地は沢水が比内盆地に流入する谷口に位置しており、開発領主が拠点として築いた日常居館と推測されます。

 築城時期は不明。館主は『前田與市侍
分限』「七百刈 前田清左衛門」「四十石 御台所役 前田清左衛門」と記された前田氏と推測されています。前田氏の出自は不明、浅利氏が比内に入部以降 その支配下に組み込まれた村落領主と思われます。
歴史・沿革
前田館  南東側からの近景
メモ
比内浅利氏の被官
前田氏の居館
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・虎口?
場所
場所はココです
駐車場
桂清水神社の駐車場借用
訪城日
平成25(2013)年5月21日
前田館は比内盆地の南西縁、西側の丘陵上から北東方向に張り出した低丘陵先端に築かれた平城です。(写真左上) 丘陵は周囲の水田面より3−5mほど高い微高地になっていて、往時 周囲は湿地状の泥田堀だったと思われます。(写真右上ー北側の塁線 写真右ー東側の塁線) でっ、南側の丘陵続きは堀で遮断していたと思われますが、現在 この部分には車道が建設され堀の痕跡は見られません。(写真左下) また北側中央には塁線から内側に窪んだ箇所が見られ、ここには虎口が設けられていたのでしょう。(写真右下)
本郭(写真左)
規模は東西70m×南北70mほど、大規模な平場ではありませんが村落領主が居館を構えるに充分のスペースがあり、現在 内部は耕作地になっています。なお昭和53(1978)年、発掘調査により内部から竪穴式住居、倉庫祉と思われる掘立柱建物祉や板塀遺構が確認されています。
桂清水神社(写真左下)
創建時期は不明。享保8(1723)年の文書には「前田村鎮守 桂清水観音社 別当扇田寺」と記されています。また享和2(1802)年、この地を訪れた菅江真澄は「うつし見る 月のかつらのかげきよく むずばぬ水も涼しかりけり」と歌を詠んでいます。