大披館
秋田県大館市大披
立地・構造
 大披館は比内盆地の南西部、引欠川左岸の河岸段丘上(比高10m弱)に築かれた平山城です。館の規模は推定110m×南北50mほど、館は北側を段丘崖で、東・南・西側を堀で区画していたと推測され、内部は南北堀で仕切った東西の2郭構造だったようです。現在、城址は宅地化により改変され、明瞭な遺構は消滅しています。

 築城時期は不明。『郷村史略』には「古館屋敷あり、武田太郎作と云者居せりと云 其子 兄を弥蔵、弟を掃部介といふ
。其下人十人有りとそ・・・・・・・・・、今の屋敷割則古館也」と記されていて、館主武田氏は比内浅利氏の支配下にあった村落領主と思われます。天文年間(1532−55年)の『浅利則頼侍分限帳』には「武頭 独鈷村館在 武田作内」「御小姓 武田八弥」の名が認められます。
歴史・沿革
大披館  北側からの遠景
メモ
比内浅利氏の被官
武田氏の居館
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月21日
大披館は引欠川南岸の河岸段丘上に築かれた平山城で、現在 城址の大部分は大披集落に包括されています。(写真左上) 内部は堀で東西に分割された複郭構造になっていたようですが、宅地化により不明瞭になっていて、唯一 南限を仕切ったと思われる窪地が確認できます。(写真右上)