押館
秋田県大館市川口字十三森
立地・構造
 押館は比内盆地の中央西寄り、米代川右岸の河岸段丘先端(比高5−6m)に築かれた平山城です。(平城に近い) 城の規模は東西180m×南北70mほど、南側を段丘崖で画し、東・北・西側は堀で区画した単郭の城館です。現在、内部は大部分が耕作地に改変されていますが、北・西側の堀は明瞭に残存しています。館内部の規模は東西150m×南北50−60mほど、堀の規模は幅15−25mほど。同地は比高差の小さい段丘縁部に築かれているため要害性は薄いものの、米代川と長木川の合流点を見下ろす高所に位置しており、これに沿った街道筋・舟運を監視する機能を持っ
た軍事拠点として利用されたものと思われます。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。比内浅利氏に関連した城館か?。
歴史・沿革
押館  北側の堀
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年6月9日
押館は米代川と長木川の合流点の北側、川口地区東側の河岸段丘突端に築かれた単郭の平山城(平城に近い)です。(写真左上ー南西側からの近景 写真ではわかりずらいですが南側の水田面との比高差は5−6mほど) 現在、館内部は大部分が耕作地になっていて、南側は段丘崖で画し、東・北・北東側には明確な堀祉が見られます。規模は東西150m×南北50−60m、堀の規模は幅15−25mほど。北側の堀は南東側から北東側に切り込んだ沢(侵食谷)に繋がっています。(写真右上・左ー館内部 写真左下・右下ー北側の堀)
西側の堀 北東側の沢(侵食谷)