定 勝 寺
長野県木曽郡大桑村須原
 正式名称は浄戒山定勝寺。中山道須原宿にある臨済宗妙心寺派の古刹です。御本尊は釈迦如来。創建は嘉慶年間(1387-88年 北朝暦)、木曽(源)右京太夫親豊が祖先菩提のため、初屋和尚を招いて木曽川あたりに開基開山したことを初源とします。その後、文安年間(1444-49年) 木曽川の氾濫により伽藍は流出し、享徳年間(1452-54年) 木曽左京太夫家賢が香林和尚を招いて中興再建したと伝えられます。しかしその後も木曽川の氾濫は収まらず 文禄4(1596)年、ふたたび堂舎伽藍は木曽川の洪水により流出します。このため慶長3(1598)年、木曽代官石川備前守光𠮷(犬山城主)が天心和尚を招いて「木曽義在居館跡」(永正6 1509年、木曽義在が福島上の段城に移るまでこの地に木曽氏の居館があった)に定勝寺を移築再建し、現在に至ります。境内には昭和27(1952)年、国の重要文化財に指定された本堂、庫裏、山門のほか、鶴亀蓬莱庭園が築庭され、寺宝として木曽義元肖像画、香林和尚頂相、貴山和尚頂相、王林和尚頂相、天心和尚頂相や木曽義昌の位牌が残されています。  (場所はココです)
山門 
万治4(1661)年に建築された切妻造 檜皮葺きの四脚門。
山門 
本堂 
慶長3(1598)年に建築された平入 入母屋書院造りの銅板葺き。規模は桁行19,0×梁間12.2m。
本堂内部 
庫裏 
承応3(1654)年に建築された切妻書院造りの銅板葺き。規模は桁行21.9m×梁間14.0m。
庫裏内部 
庫裏内部 
庫裏の庭園 
鶴亀蓬莱庭園 
鶴亀蓬莱庭園は桃山末ー江戸初期に完成された庭園形式で定勝寺の庭園は平成14(2002)年に作庭されたもの。
鶴亀蓬莱庭園 
鶴亀蓬莱庭園 
動画 定勝寺を歩く
ー 須 原 宿 ー
 中山道39番目の宿場町。宿場の起源は木曽谷で最も古い戦国期と伝えられ、享保2(1717)年 木曽川の氾濫により現在地に移されました。宿の規模は天保14(1843)年の『中山道宿村大概帳』によると宿内家数は104軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠24軒で宿内人口は478人。宿内各所からは清水が湧き、軒先にはサワラ材を丸太をくりぬいた「水舟」が各所に置かれています。  歌川広重「木曽街道六十九次 須原宿」
須原宿 須原宿
須原の水舟 脇本陣 西尾家