藤原友利館
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲須和町
立地・構造
 藤原友利館は仙北平野の中央西部、丸子川左岸の微高地(自然堤防?)に築かれた平城です。典型的な方形館と推測されますが、規模・構造等は不明。現在は大川寺境内になっています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。館主藤原友利は戸蒔氏の被官と伝えられ、『戸蒔家家記』『沼館若宮八幡縁起』等によると沼館八幡宮造営の奉行を務めたとされます。
藤原友利館  館祉に建つ大川寺山門
メモ
戸蒔氏の被官 藤原友利の居館
形態
平城(方形館?)
別名
・・・・・・・・
遺構
神明土塁?
場所
場所はココです
大川寺境内
駐車場
大川寺駐車場借用
訪城日
平成24(2012)年6月2日
藤原友利館は丸子川南岸に築かれた平城で、現在は大川寺境内になっています。(写真左上ー大川寺山門 写真右上ー大川寺本堂) 遺構等がほぼ消滅しているため規模・構造等は不明ですが、ま〜〜〜 境内の形態から濠と土塁で囲まれた単郭の方形館と推測されます。資料によると山門前には東西に延びる土堤(土塁か? 神明土塁)があるようですが・・・・・・・・・、たぶん 山門に連続したこれ(写真左)か山門の南側にあるこれ(写真左下)かのどちらかなのでしょう。なお境内には近くで掘り出された永和碑(画像碑)が移築されています。(写真右下)