孔雀城
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲上高畑
立地・構造
 孔雀城は仙北平野の中央部、雄物川東岸の平野部に築かれた平城です。城の規模は東西70m×南北80mほど、周囲を濠と土塁で囲った歪んだ単郭の方形館と推測されます。現在、城址は民家の宅地になっていますが、北・西側には明確な濠祉が見られ、また南西端にはかなり崩れかかった土塁の痕跡が認められます。濠の規模は幅10m前後、往時は奥福部内川の水を引いていたと推測されます。また濠の外側にも外濠が敷設されていたと伝えられますが痕跡は見られず。大手は南側に開いていたと思われますが不明。典型的な在地領主の日常居館と推測されます。

 孔雀城は元亀元(1570)年、戸沢氏の家臣富樫左衛門太郎勝家が、戸沢道盛の命により築いたと伝えられます。当時、この地は角館城主戸沢氏と六郷城主六郷氏の「境目」にあたり、これを抑えるため築いたと推測されます。
慶長7(1602)年、戸沢氏の常陸転封により廃城になったと思われます。
歴史・沿革
孔雀城  主郭南西端の土塁痕
メモ
戸沢氏の被官富樫氏の居館
形態
平城(方形館)
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭・土塁痕・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年8月10日
孔雀城は大曲市街地の南東部、奥福部内川南岸の微高地に築かれた単郭の方形館です。現在、城址は民家宅地になっていますが、周囲には濠の痕跡が明瞭に残っているほか、南西端には土塁の痕跡が確認できます。(写真左上ー土塁痕 写真右上ー北側の濠祉 写真左ー西側の濠祉 写真左下ー南側の濠祉) 濠の規模は幅10m前後、往時は奥福部内川から水を引いていたのでしょう。
古四王神社(写真右下)
孔雀城の南方1.2kmに鎮座する古社。元亀元(1570)年、富樫左衛門太郎勝家が建立したと伝えられます。一間社入母屋造の社殿。国重要文化財。