前村館
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲四ッ屋
立地・構造
 前村館は仙北平野の中央北部、玉川左岸の微高地に築かれた平城です。城の規模は東西100−120m×南北250mほど、内部は南・北2郭の複郭構造になっていて、北郭が主郭と想定されます。規模は北郭が東西60m×南北80m、南郭が東西(北辺60m・南辺120m)×南北100mほど、館の周囲は幅15−20mの濠で囲まれ、北郭・南郭間も濠で区画されていたと推測されます。基本的には開発領主の日常居館と推測され、築城当初の単郭の方形館を後世、複郭構造に拡張したものと思われます。現在、北郭は福昌寺境内になり、南郭は宅地化で消滅していますが、北郭の周囲には明確な濠祉が部分的に残存しています。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。戸沢氏に与した在地領主の居館と推測されます。慶長7(1602)年、佐竹義宣の秋田転封後は佐竹氏の分家豊間盛定の家臣小松久右衛門が居住したとされます。
前村館  北郭西側の堀祉
メモ
・・・・・・・・
形態
平城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
福昌寺の駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年7月19日
平成24(2012)年6月2日
前村館は玉川南岸の微高地に築かれた平城で、内部は南・北2郭の複郭構造になっています。館は濠と土塁で囲まれた典型的な方形館と推測されますが、宅地化等により遺構の大部分は消滅し、濠祉が部分的に残存しています。
北郭(写真左上)
主郭に想定される郭で規模は東西60m×南北80mほど、内部は福昌寺の境内になっています。周囲に敷設された濠は幅15−20mほど、東・北・西側は濠の痕跡が微かに窺い知れ(写真右上ー北側の濠祉 写真左ー西側の濠祉 写真右下ー東側の濠祉)、南郭との濠は道路になっています。(写真左下)
南郭
規模は推定東西(北辺60m・南辺120m)×南北100mほど、現在は宅地化により遺構は消滅し、規模・形態は不明瞭になっていますが、東・西側に濠祉を利用したと思われる用水路があり、ま〜〜〜 南側が幅広になる台形状の郭だったと思われます。(写真左上ー西側縁部 写真右上ー東側縁部 写真右ー南側縁部)