三浦館
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲内小友
立地・構造
 三浦館は仙北平野の中央西部、小友川左岸の微高地に築かれた平城で、菅江真澄の『月の出羽路』には「其地面東西三拾間南北五拾間、外堀四方に周回て障激の形也」と記され、濠で囲郭された単郭の方形館と推測されます。現在、館祉は耕地開墾・宅地化により消滅していますが、小友川を自然の濠に取り立てて築かれ、規模は推定で東西50m×南北90mほど。
歴史・沿革
 築城時期は不明。館主三浦氏は相模三浦氏を祖とし三浦美作守は永禄・元亀年間頃(1558−73年)まで最上氏に出仕していましたが、天正年間(1573−92年)初期 仙北郡に入封して小野寺氏に仕えたとされます。美作はその後、治部少輔政重と名乗り、天正14(1586)年の「有屋峠の戦」では横手城主小野寺氏方で出陣し、また角館城主戸沢氏とも親交関係にあったと伝えられます。慶長7(1602)年、佐竹氏入封後に勃発した「六郷一揆」では一揆の鎮圧に尽力し佐竹氏から感状を受けています。その後、三浦氏は帰農しましたが、館は「戊辰戦争」まで存続し三浦氏の子孫が居住していたようです。
三浦館  周辺
メモ
 ・・・・・・・・
形態
平城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年7月19日
三浦館は雄物川の西岸、内小友地区に築かれた平城です。館は小友川を自然の濠として築かれたと想定されますが、耕地整理・宅地化等により遺構は消滅しているっぽいです。(写真左・左下ー小友川) 一応、周辺を徘徊しましたが、それらしい遺構は見つけられず、標柱が建つのみ。(写真右下) 同地は雄物川西岸の平野部に位置しており、開発領主の居館と捉えるのが的確なような・・・・・・・・・。