大 曲 城
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲丸の内町
立地・構造
 大曲城は仙北平野の中央西寄り、丸子川右岸の微高地に築かれた平城ですが、規模・構造ともに不明。八幡土塁と呼ばれる東西に延びる土塁が大曲城の城郭遺構と伝えられます。 土塁は下幅7−8m・天幅6m・高さ4−5mほど。

 築城時期・築城主体ともに不明。一説には古代安倍氏の一族が拠したとも。また長禄2(1458)年から文明2(1470)年頃には仙北に侵攻した南部氏の代官金沢右京亮の支配下に置かれ、被官米内甚四朗(大曲和泉守)が在城したと伝えられます。その後、明応年間(1492−1501年)頃から小野寺氏に近い独立勢力前田氏が在城しましたが、天文元(1532)年頃 前田又左衛門通信は由利十二頭赤尾津(小助川)氏・羽川氏との合戦で討死し、家督は次男薩摩守利信が継ぎました。 天文年間(1532−55年)、利信は大曲に侵入した角館城主戸沢氏の有力与力に組み込まれ、『信長公記』によると天正7(1579)
年 利信は戸沢盛重の名代として織田信長に拝謁しています。しかし同10(1582)年、大曲城は赤尾津・羽川勢の急襲を受けて陥落し、利信は弟の神宮寺館主神宮寺掃部を頼り落ち延びたと伝えられます。(『奥羽永慶軍記』) 同18(1590)年、大曲城は「戸沢領内三十五ヶ城」のひとつとして廃城となりましたが、慶長6(1601)年 佐竹義宣が出羽国久保田に入封すると、大曲城は再興されて梶原美濃守政景に預けられました。元和元(1615)年、「一国一城令」によりふたたび廃城。 
歴史・沿革
大曲城 八幡土塁上に祀られる八幡神社
メモ
仙北の国人前田氏の居館
形態
平城
別名
前田館
遺構
八幡土塁?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成24(2012)年6月2日
大曲城は丸子川の北岸に築かれた平城ですが、遺構は宅地化等により消滅し、規模・構造ともに不明瞭になっています。(写真左上) でっ、唯一 大曲城の城郭遺構といわれているのが八幡土塁と呼ばれる東西土塁で、規模は下幅7−8m・天幅6m・高さ4−5mほど、約100mにわたって残存し、西端には八幡神社が祀られています。(写真右上・左・左下) ま〜〜〜 これを見る限りでは相当規模の大きい方形館とも思われるのですが・・・・・・・・・。なお土塁の北側には法久寺が建てられていますが、この辺が中心だったのかも。
石造五重塔
寛政末ー享和初期頃、周辺の土中から掘り出されたもの。初層の月輪中央には梵字「アク・ア」が、両隣には「為虎王丸」「元亨三年七月五日敬白」(1323年)と刻まれているようです。大曲城とは直接関係ありませんが、鎌倉末期 この地には鎌倉と関係の深い虎王丸なる領主が存在していたのでしょう。
なお城址標柱は八幡土塁から南東300mの丸子川沿いに建てられています。これから逆算すると城域は東西450mにわたっていたのでしょう。