大槻城
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲下高畑
立地・構造
 大槻城は仙北平野の中央部、奥福部内川左岸の自然堤防上(微高地)に築かれた平城で、東側が奥福部内川を自然の濠とし、北・南側はかすかな段差で区画された約100m四方の方形館と推測されます。現在、奥福部内川の河川改修・鉄道施設建設等により城域は不明瞭になっています。主郭と思われる平場には大日神社が祀られています。
歴史・沿革
 築城時期・築地主体・城主ともに不明。地元には「むかし、大槻へ三人の殿様がやってきて、一人が戸蒔、一人が金沢、一人が大槻の殿様になった」という伝承があります。(時期不明) また大槻城の北方2kmに位置する戸蒔城の支城とする説もあります。
大槻城  城址に鎮座する大日神社
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
堀祉?
場所
場所はココです
大日神社周辺
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年7月19日
大槻城は大曲市街地の南東部、奥福部内川西岸の微高地に築かれた平城です。(写真左) 城は奥福部内川を自然の濠とし、北・西・南側を堀で仕切っていたと思われますが、周辺は宅地化等で改変され明瞭ではありません。それでも北側には微かな段差が(写真左下)、南側にも堀状の地形が見られます。(写真右下) 現在、内部には大日神社が祀られていますが、遺構等は見られません。
 
(写真右) 城址に祀られる大日神社