佐戸館
秋田県大仙市(旧大曲市)大曲東川
立地・構造
 佐戸館は仙北平野中央部、奥福部内川右岸の微高地に築かれた平城です。城の規模・構造等は不明。城は南・西側を奥福部内川で、北・東側を堀(水濠か?)で仕切った単郭の方形館と推測されます。また南西隅には船着場があったと伝えられます。現在、館祉は耕地整理され遺構は消滅しています。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。菅江真澄の『月の出羽路』には「佐戸は、そのいにしえ佐渡守某(戸蒔氏?)とて城主あるしよしを聞伝ふのみと語る。其城跡いちじろし」と記され、佐戸館の北方1.5kmにある戸蒔城の支城あるいは関連した城館と推測されます。また出典不明ながら、戸蒔伊豆守と佛田(堀田?)相模守が戦った際(時期不明)、伊豆守の控城なりしとの伝承もあるようです。
佐戸館  遠景
メモ
 ・・・・・・・・
形態
平城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年7月19日
佐戸館は大曲市街地の南東部、奥福部内川北岸の微高地に築かれた平城です。(写真左) 城は南から西側に迂回する奥福部内川を自然の濠としていたと思われますが、奥福部内川の河川改修等により、場所・城域等は不明瞭になっています。当然、規模・構造も不明。(写真左下ー奥福部内川 写真右下ー西側の旧河道と思われる段差)