五庵昼館
秋田県横手市(旧大森町)大森町板井田字五庵昼館
立地・構造
 五庵昼館は平鹿盆地の北西部、雄物川左岸の独立低丘陵上(比高10m弱)に築かれた丘城です。城の規模は推定東西40m×南北100mほど、南北に細長い丘陵上を加工した単郭の城館と思われます。往時 館の東側を北流する雄物川は蛇行を繰り返して氾濫原を形成していたと推測され、五庵昼館は雄物川の氾濫原を自然の濠として構築されたと思われます。現在、城郭遺構等は見られませんが、東側の水田は雄物川氾濫原の痕跡なのでしょう。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。菅江真澄の『雪の出羽路』には同地にある八幡宮を「田村麻呂の建立ありしみやどころや、また源義家将軍再興あり、また小野寺氏造栄ありたるよしといへり」と記しており、戦国期 この地は小野寺・戸沢氏の「境目」に位置し、五庵昼館は戸沢氏に備えた小野寺氏の「境目の城」として整備され、大森城の支城として利用されたと推測されます。
歴史・沿革
五庵昼館  南東側からの近景
メモ
・・・・・・・・・
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年6月14日
五庵昼館は雄物川の西岸、境田地区の独立低丘陵に築かれた小規模な丘城です。(写真左上ー南東側からの近景 写真右上ー南西側からの近景) 丘陵は南北に細長く、東側の水田はたぶん雄物川の旧流路だったのでしょう。