五郎左衛門館
秋田県大仙市(旧太田町)太田町太田
立地・構造
 五郎左衛門館は奥羽山脈西縁の支尾根の小ピーク(標高204m 比高80m))・通称五郎左山から西・南西側に延びた尾根を城域とし、規模は東西600m×南北500mほどあります。城縄張りは西側尾根中腹の緩斜面を削平した北郭と南西側尾根中腹の緩斜面を削平した本郭(主郭・副郭)からなり、標高204mの小ピークは物見郭と想定されます。主郭は東西40−50m×南北110−120mと大型の郭で、内部は南北2段に削平されています。主郭西側下の張り出し部には副郭(規模は40m四方ほど)が敷設され、副郭の南側縁部には浅い堀で区画された虎口が配置されています。副郭の下段にも扇状に郭が敷設され端部は横堀で処理されています。北郭は西側尾根の先端部を削平した郭(南側の郭 東西40m×南北20m)と、尾根先端から北側に張り出した緩斜面を削平した郭(北側の郭 40−50m四方)の南北2郭からなり、両郭に挟まれるように水の手と推測される池があります。また北郭の西から北側にかけては防御ラインとして横堀が穿たれています。五郎左山山頂部(標高204m)は10−15m四方ほどの小郭で、居住性が薄いことから基本的には監視所として機能したのでしょう。本郭・北郭から小ピークに繋がる尾根は堀切で遮断され、さらに東側に繋がる痩尾根も二重堀で遮断されています。大手口は西側尾根・南西側尾根先端の谷地と想定され、ここには谷地を遮断するように土塁が構築され、中央には木戸口と思われる切れ込みがあります。五郎左衛門館は郭の規模も大きく、防御ラインとして横堀を多用するなど見所の多い城ですが、縄張り自体は段郭を基本とした古い形態の城で、居館を兼ねた要害だったと推測されます。100騎単位の土豪レベルの戦闘では、それなりに防御力を発揮できたと思われますが、戦国期以降 大規模な戦闘が主流になると時流に乗り遅れたのでしょう。
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。館から西方1.5kmには在地勢力太田氏の居城太田城があることから、太田氏関連の城郭と推測されます。近隣の本堂城主本堂氏が、天文年間(1532−55)に支配拠点を山城から平城に移した例があり、五郎左衛門館も太田城に移るまで太田氏が使用した館城とも推測されます。
五郎左衛門館  西側尾根のV字堀切
メモ
在地勢力 太田氏の
初期の館城?
形態
山城
遺構
郭・土塁・木戸口?・堀・
水の手?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年12月4日
五郎左衛門館は通称五郎左山のピークとピークから西・南西側に延びた尾根を城域とし、西側尾根には北郭が、南西側尾根には本郭(主郭・副郭)が削平され、中間の谷地が大手口と想定されます。
城へは西麓の城址標柱から入ります。(特に道はありません) しばらく進むと第二田沢用水堰がありますから、ここを越え西側尾根・南西側尾根中間の谷地に進みます。 
城址標柱 第二田沢用水堰 中央の沢(谷地)
木戸口?
中央の谷地の西側縁部には、西側尾根・南西側尾根の先端部を繋ぐ高さ1.5mの土塁が築かれています。土塁中間には切り込みがあり、もしかしたらここが大手の木戸口だったのかも・・・・・
本郭の下段
谷地の木戸口?から道は本郭・北郭へ分岐します。管理人はとりあえず本郭を目指しました。写真は本郭最下段の郭になります。規模は30−40m四方ほど。
本郭
南西側尾根中腹(比高50−60m)の緩斜面に普請された郭群。主郭(写真左)の規模は東西40−50m×南北110−120mほど、内部は南北2段に削平されていますが藪が酷く確認できず。東側斜面には竪堀もあるようですが・・・・・。主郭の西側には7−8mの段差(写真右上)で区画された副郭が配置されています。副郭の南側縁部には浅い堀(写真左上)で区画された虎口があり、前述の下段郭に繋がっていたと思われます。
本郭から標高204mの小ピーク(物見郭)までは急峻な断崖になっています。ちょうど急斜面になる直前は幅3m前後の小規模な堀切(写真左上)で遮断され、堀切からは比高20−25mの急斜面(写真右上)を直登するかたちになります。
物見郭(写真左)
規模は10−15m四方ほど。居住できる空間ではなく、基本的には監視所として機能したのでしょう。 
二重堀
物見郭から延びた東側尾根は高低差のある二重堀で遮断され、東側の小ピークに繋がっています。堀の規模は幅5−6m・深さ4−5mほど。
東側の小ピーク
東側尾根の小ピークは10−15m四方の小郭で、東から南側斜面は帯郭でカバーされています。基本的にはここまでが城域なのでしょう。 
薬研堀
物見郭に戻り、北郭を目指して西側尾根から下山しました。西側尾根は部分的に削平地らしきところもありますが、全体的には自然地形のまま。北郭に辿り着くと西側尾根を見事に断ち切った薬研堀が確認できます。堀底が西側・南西側尾根の谷地に通じていることから、北郭の切通し虎口だったのかも・・・・・
北郭
40−50m四方の郭(北側の郭 写真左上)と東西40m×南北20mの郭(南側の郭)の南北2郭からなり、中央には巨大な池(水の手? 写真右上)があります。位置的には南側の郭は西側尾根の先端部を削平したもので、北側の郭は尾根北側の張り出し部を削平したものです。北郭の西から北側下には横堀(写真左下)が敷設されています。横堀自体は本郭の縁部にも見られます。