太田城
秋田県大仙市(旧太田町)太田町築地古館
立地・構造
 太田城は仙北平野の北東部、奥羽山脈西縁の窪堰川右岸の微高地(比高5m前後)に築かれた平城です。城の規模は東西180m×南北200mほど、内部は主郭・馬場の複郭構造になっていて、堀(濠)・土塁と段差で区画された変則的な方形館と想定されます。主郭の規模は東西100m×南北120mほど、土塁は東側が残存し、北側の土塁が復元されています。また東・北側に堀が想定されますが、東側の堀は宅地化で消滅し、発掘調査で確認された北側の堀が部分的に復元されています。南側は窪堰川を自然の濠としていますが、北側は内堀の外(北)側にさらに幅広の堀が敷設され防御力を高めています。大手虎口は東側中央に設けられ、平虎口で外部と繋がっています。特に特殊なパーツは使用されていませんが、北側の外堀は在地領主の居館としては規模の大きいものです。

 築城時期は不明。菅江真澄の『月の出羽路』には「古城祉あり。土堤の内東西卅五間、南北五十間也といえり、

現地説明板の図(右が北)
此古柵は太田小治朗某の古館たりしよし」と記され、城主は在地領主の太田氏と伝えられます。太田氏の出自・事跡は不明、本貫地の名を称していることから太田発祥の村落領主と推測されます。戦国期、この地は戸沢氏・本堂氏の「境目」に位置することから、太田氏は次第に仙北郡に勢力を拡大する角館城主戸沢氏の家臣団に組み込まれたと思われます。また一説(時期不明)には白岩城主白岩氏の家臣団「八田」(下田・鎌田・太田・高田・山田・田口氏等)に与していたとも伝えられます。天正18(1590)年、豊臣秀吉の命による「戸沢氏領三十五城破却令」により廃城。
歴史・沿革
太田城  北側の濠祉
メモ
仙北郡東部の村落領主
太田氏の居館
形態
平城
 別名 ・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
東部地区農村センター駐車場
訪城日
平成19(2007)年7月11日
太田城は奥羽山脈の西縁、窪堰川北岸の微高地に築かれた平城です。(写真左上ー北側からの近景) でっ、城は堀と段差で区画された複郭構造になっていて、北側には発掘調査で確認された堀が部分的に復元されています。(写真右上) 堀の規模は幅10mほど、さらにこの堀の外(北)側にも外堀が設けられていて二重堀になっています。(写真左・左下ー外濠) 外堀の規模は最大幅20−25mほど、中世の村落領主の居館の堀としては極端にバカデカイものです。また西側は段丘崖(写真右下)、南側は窪堰川を自然の濠とし、主郭・窪堰川間の狭間にも溝らしきものが見られます。
(写真左上) 南側の自然の濠 窪堰川。
(写真右上) 主郭・窪堰川間の溝(濠?) 
主郭(写真右)
規模は東西100m×南北120mほど、以前は長信田村役場・長信田小学校の校地だったようですが、現在は東部地区農村センターや体育館、北西側の馬場は幼稚園になっています。(写真左下) また内部にはかなり石碑が建てられていますが、その中に「太田四朗秀頼翁の碑」があります。(写真右下 字は読めませんでした) 縁部に築かれた土塁は北側が復元され、東側はかなり消耗し、東側中央の切れ目が虎口だったようです。
(写真左上) 北側の復元土塁、高さ1m。
 
(写真右上) 北東隅の土塁、高さ2m。
 
(写真左) 東虎口、土塁は高さ1m弱に摩耗、東側の堀は宅地化で消滅しています。