大槌城
岩手県上閉伊郡大槌町城山
立地・構造
 大槌城は大槌湾に面し、大槌川と小槌川に挟まれた丘陵ピーク(標高141m 比高130m)に築かれた山城で、南東方向に延びた稜線尾根に郭が展開され、西側の稜線鞍部を堀切で断ち切り城域を区画しています。城の規模は東西650m×南北350mほど、城縄張りはピークに構築された主郭を中心に、南東側主尾根に階段状に郭を敷設させたシンプルな連郭式縄張りが採用
現地説明板の図
され、また南東側主尾根突端には高館が、南東側支尾根の突端には南砦、主郭から堀を挟んだ西側の小ピークには西砦が設けられ、城中枢部の補完機能があったと思われます。城中枢部の規模は主郭が東西40m×南北20m、二の郭が東西50m×南北10−15m、三の郭が東西60m×南北10−15m、四の郭が東西50m×南北10−15mほど、各郭は最大7−8mの切岸で仕切られています。痩尾根を利用しているため全体的に狭い感じがしますが、4郭をまとめると相当数の人数を収容できるまとまった平場になっています。全体的にシンプルで古い形態の城郭ですが、天然の要害地形を利用して構築され、基本的には有事の際の「避難所」・物見砦として利用されたと推測されます。
歴史・沿革
 大槌城は建武・正平年間(1334−38年)頃、遠野横田城主阿曽沼朝綱の次男阿曽沼(大槌)次郎が、東部海岸地方の所領をを分知され築いたと伝えられます。阿曽沼氏は鎌倉初期、遠野郷の地頭職となり、当初は代官支配をしていましたが、鎌倉末期に遠野郷に下向して、除々に東岸地区(釜石・大槌)に勢力を拡大し庶流を分知したと推測されます。(また一説には阿曽沼氏の在地代官宇夫方氏を大槌氏の出自とする説もあるようです) 南北朝期、阿曽沼氏は南朝方に与しましたが、大槌氏は北朝方に与し、足利氏からは嫡流から独立した勢力として認知されていたと思われます。永享9(1437)年に勃発した「永享の乱」で、大槌孫三郎は気仙の岳波太郎・唐鍬崎四郎兄弟とともに横田城を攻撃しましたが、三戸南部守行が阿曽沼氏支援に動き、このため大槌・気仙連合軍は敗北を喫し大槌に逃れました。さらに南部・阿曽沼軍は逃げる大槌勢を追撃し大槌城を包囲しましたが、南部守行が討死したため両軍は退却し、大槌氏が謝罪する形で和睦が成立しました。 戦国末期の阿曽沼広郷の代に阿曽沼氏は遠野十二郷を支配する大勢力に成長し、この頃、大槌氏はふたたび阿曽沼氏の支配下に組み込まれ、天正19(1591)年の「九戸の乱」で大槌孫八郎広信は阿曽沼広長とともに三戸城主南部信直方に参陣しています。 慶長5(1600)年、鱒沢館主鱒沢広勝による遠野制圧で、阿曽沼広長は遠野を追われ世田米に居住しましたが、大槌孫八郎は広長支持の姿勢を崩さず、伊達政宗の支援を受けて遠野奪還を目指した広長とともに遠野郷に侵攻しました。しかし南部氏の支援を受けた鱒沢氏に敗れ大槌城に退却、大槌城は南部勢に包囲されましたが、孫三郎は徹底抗戦の構えを見せ、南部利直の懐柔策で降伏し、自らは伊達領に落ちていきました。孫三郎の跡は「稗貫・和賀一揆」で活躍した大槌政貞(広信の子?・一族説あり?)が継ぎましたが、元和3(1616)年 南部利直の謀略で自害に追い込まれ大槌氏は改易となりました。大槌城はまもなく廃城になったと考えられます。
大槌城  主郭
メモ
阿曽沼氏の庶流 大槌氏の要害
形態
山城
 別名
浜崎城・古館 
 遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
 駐車場
町立体育館の駐車場借用
訪城日
平成17(2005)年6月22日
平成19(2007)年6月7日
大槌城は大槌湾に面した大槌市街地背後の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上) 城縄張りはピークから南東方向に延びた稜線尾根を削平した連郭式縄張りで構築され、先端部には高館と呼ばれる物見砦が構えられています。(写真右上・左) 高館は10m四方の小郭で、周囲は急傾斜の断崖になっています。(写真左下) 管理人は南東側中腹の町立体育館から高館を経由して尾根沿いに主郭を目指しました。高館から主郭までは痩尾根で繋がり、登山(尾根)道が設けられています。途中の稜線には鞍部状の窪地も見られ、明確な遺構ではありませんが、自然の堀切だったと思われます。(写真右下)
主郭から東側稜線は二の郭・三の郭・四の郭が階段状に構築されています。でっ、最初に辿り着くのが四の郭になります。(写真左上) 規模は東西50m×南北10−15mほど、三の郭とは6−7mの切岸で仕切られ、南側に設けられた坂虎口で繋がっています。(写真右上) 三の郭は東西60m×南北10−15mほど。(写真右) 三の郭から二の郭へは虎口受けと思われる小郭を経て繋がっています。(写真左下) 二の郭の規模は東西50m×南北10−15mほど。(写真右下) 痩せ尾根を利用しているため狭いという印象はありますが、3郭まとめると相当数の兵を収容できる、まとまった平場になっています。
主郭(写真左上)
城内最高所に位置し、規模は東西40m×南北20mほど、西側は10m切り落して堀切で処理されています。(写真右上) 堀切は尾根の稜線鞍部を利用したものと思われますが、公園整備で相当改変されています。(写真左 尾根が狭まっているのが確認できます) 主郭からは北ー東ー南側に眺望が開け、軍事的な要地とともに街道筋・海運・領内統治の拠点として需要視されたのがわかります。(写真左下ー東側の大槌市街地方向  写真右下ー北側の大槌川方向)
主郭の西側には堀を挟んで西砦が設けられています。(写真左上) 規模は10−15m四方ほど(写真右上 堀切部分が改変されているため、西砦も削られている可能性あり) 周囲は高さ10mの切岸で処理され、背後は巨大な堀切で切られています。(写真右下 車道建設で拡張されている可能性あり) 基本的には搦手が想定される西側稜線に対する防衛拠点なのでしょう。