岩谷館
秋田県由利本荘市(旧大内町)大内岩谷麓
立地・構造
 岩谷館は芋川中流域、岩谷麓集落北側の丘陵(標高101m 比高80m)に位置する山城で、東西に延びる尾根を城域とした3郭(東から二の郭・主郭・三の郭)からなる連郭式の城郭です。西側の丘陵基部は堀切で分断され、各郭は自然地形を利用した堀で区画され、土橋で繋がれています。主郭は中央の郭と考えられ(違うかもしれません)、大手は東側の二の郭、搦手は西側の三の郭が想定されます。城域の北側には深く沢が切り込み急峻な断崖となり、南側も急斜面の断崖で自然の要害となっています。各郭は狭小で居住性が感じられない事から、有事の際の「詰の城」と考えられます。また岩谷館山裾には亀田・川大内(芋川上流)・内越(芋川下流)を結ぶ街道が通っていたことから街道の監視、芋川中流域(岩谷周辺の氾濫原)の監視機能があったと考えられます。   (岩谷館図
歴史・沿革
 岩谷館は永禄年間(1558−70)年に岩屋朝盛が築いたとされます。由利十二頭岩屋氏の出自については諸説あり判然としません。鎌倉期の由利郡は信濃小笠原氏(後由利氏)の支配下とされていますが、この時に岩谷元館に由利十二陣代として清原(岩谷)監物武信が居城したとされます。この清原氏は名字でわかるように、古代出羽を支配した清原氏の末裔(縁者?)のようで、小笠原氏(後由利氏)が由利郡に入部する以前からの勢力と考えられます。正中元(1324)年に由利氏が鳥海氏に滅ぼされた時に、戦闘はおもに子吉川流域から由利郡南部で行なわれ、芋川流域には及んでいないことから(史料がないため不明)清原氏は独立勢力として認知されていたのではないでしょうか。一説では延元元(1336)年に信濃に逃れていた由利維貴が信濃守小笠原氏の応援を得て旧領を回復し、小笠原甲斐守朝保が岩谷元館に入り岩屋氏を称したとされます。また『由利十二頭記』等では応仁元(1467)年に信濃武士団(小笠原氏)が由利郡に入部し、その中のひとりが岩谷に入り岩屋氏を称したとされます。戦国期の岩屋氏は由利十二頭として他の領主と一揆して外敵(武藤氏・最上氏・小野寺氏・安東氏)と対峙・離合集散し、由利郡を支配していました。岩屋朝盛は天正18(1590)年に豊臣秀吉の「小田原攻め」に参陣し、3000石の所領を安堵され豊臣支配下の領主として認知されました。慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」で、岩屋朝繁は他の十二頭とともに山形城主最上義光に従い庄内に出兵し上杉軍と対峙します。この時に岩屋氏は西軍の流言(東軍が関ヶ原で敗れた・・・・・)で戦場を離脱し、戦後所領没収になったようです。その後、由利郡が最上氏領になると、岩屋氏は最上氏家臣として旧領を回復しますが、元和8(1622)年に最上氏が改易になると、岩屋氏はこの地を離れ、幕臣(旗本)になったとも、秋田氏に仕官したとも伝えられます。
岩谷館  遠景
メモ
由利十二頭 岩屋氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭・虎口?・堀
場所
場所はココです
駐車場
岩谷麓公民館駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年1月21日
養伝寺
岩屋氏の菩提寺で、岩谷館の東麓に位置します。管理人は写真右側の山裾から直登しました。
郭か?
登り始めると郭らしき削平地が現れますが、後年の開墾のあとかと思われます。ここから斜面は滑りやすい急斜面になります。
二の郭
城域の東端に位置する郭で、東西30m×南北25m。北東から南側には段差2−3mで幅5−6mの帯状の郭(写真右)が巻かれ、東側の尾根部も数段に削平され小郭で処理されています。南西側には主郭と繋がる腰郭(写真左下)が配置されています。北側には沢が深く切り込み、ほぼ垂直の断崖になっています。
土橋
主郭・二の郭間は土橋で繋がれています。土橋は幅3−4m・長さ10mほどで、左右は沢が深く切り込んだ自然地形(写真右)を堀として利用しています。
主郭
東西50×南北30m。東から南側は幅10mの腰郭(写真右)でカバーされ、この南側斜面にも数段にわたり帯郭が配置されています。北側の急斜面にも小郭(写真左下)が確認できます。
土橋
主郭と三の郭間は幅2−3mの土橋で繋がれています。土橋左右の空堀(写真右)は自然地形を利用したもので、幅は4−5m・深さ2mほどあります。
三の郭
城域西端の郭で搦手と考えられます。内部には小祠が祀られていますが、まともな道がないここまで誰がお参りに来るのでしょうか?。三の郭西側中央には虎口状の地形(写真右)があり堀切と繋がっています。
堀切
三の郭の西側の丘陵基部と城域を分断する堀切です。幅5−6m、深さ4−5mほどあります。堀切は南側斜面では竪堀となり沢に繋がっています。帰りはこの竪堀に沿って下山したのですが、途中から急斜面になり最後は民家の庭先に出ました。
岩谷館裏口標柱
岩谷館南麓の道路脇に岩谷館裏口標柱が建っていますが、民家を通らないと山裾までは行けません。写真上部が岩谷館三の郭になります。