長坂館
秋田県由利本荘市(旧大内町)大内上長坂
立地・構造
 長坂館は芋川中流域の北岸、北から南側に張り出した細長い低丘陵(比高15−20m)を城域とした平山城で、南北に連なる3つの郭からなるシンプルな連郭式縄張りで構築されています。城の東・西側は現在、水田になっていますが、北西麓には加田喜沼湿原が残存しており、往時 長坂館は芋川の氾濫原に浮かぶ半島状地形に選地されていたと推測されます。城の規模は東西150m×南北450mほど、芋川流域では最大ではないものの規模の大きい城郭です。各郭の規模は主郭が東西120m×南北90m、二の郭が東西70−100m×南北140m、三の郭が東西60m×南北130mほど、各郭は堀で仕切られています。(主郭・二の郭間の堀は幅10m前後、二の郭・三の郭間は堀は残存していませんが、西側に谷状地形が見られ、後世 埋められた可能性があります) 南端に位置する主郭は不整形の方形郭で、東・南・西側は高さ20mの断崖になっていますが、比較的傾斜の甘い西・南側斜面には高さ5−6mの切岸で仕切られた帯郭が敷設され、帯郭は20−21条の畝堀で切り刻まれ、長坂館の特徴となってい
長坂館概念図
ます。長坂館は比較的シンプルな構造になっていますが、主郭のみに特殊なパーツが使用されており、後の改修によるものと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。館の立地・形状から鎌倉ー南北朝期、芋川中流域から発生した開発領主の居館として築かれ、後に整備・改修され戦国期まで使用されたと推測されます。長坂館の西方5kmには由利十二頭小助川(赤尾津)氏の拠点荒沢館があることから、小助川氏に関連した城館と思われます。
長坂館  主郭・二の郭間の堀
メモ
 由利十二頭
小助川氏の館城か?
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・畝堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年1月20日
平成23(2011)年4月24日
長坂館は芋川の中流域、上長坂地区背後の南北に細長い丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上・右上) 館の東・西側は現在、水田になっていますが、北西側には加田喜沼湿原が残っており(写真左)、往時 館の周囲は芋川の氾濫原だったと推測され、自然の要害地形を利用して築かれたと思われます。現在、主郭には切通稲荷社が祀られており、南西麓から神社参道が敷設されています。(写真左上) また館へは主郭・二の郭間の堀を通って、アプローチすることも可能です。(写真右下) ま〜〜〜〜、どちらをチョイスしても5分くらいで主郭に辿り着けます。
主郭(写真左上)
規模は東西120m×南北90mほど、中央北側には切通稲荷社が祀られています。城郭遺構としては北側縁部に高さ1−1.5mの土塁が築かれ(写真右上)、急傾斜になっている東側以外の三方には幅5−6m前後の帯郭が巻かれています。(写真右) 特筆すべきは南・西側の帯郭に構築された畝堀群で(写真左下・右下)、帯郭を切り刻むことで帯郭の使用を不可能とし、またこの方向からの侵入を防ぐ構造になっています。畝堀の規模は幅3−4mほど、全部で20−21条確認できます。
主郭・二の郭間は幅10−15m前後の堀切で分断されています。(写真左上・右上) でっ、西側に延びた堀底はなだらかに延びて西麓の車道に繋がっています。たぶんこの部分は後世、農作業道として改変されたものなのでしょう。
二の郭(写真左・左下)
規模は東西70−100m×南北140mほど、内部は南側から3−4段に削平されていますが、一部 耕作地になっており、どこまでが城郭遺構なのかは不明瞭になっています。なお二の郭・三の郭間の西側斜面は谷状地形になっています。(写真右下)
三の郭(写真左上)
規模は東西60m×南北130mほど、内部はグランド?・駐車場になっています。北側の丘陵続きには堀切があったと思われますが・・・・・・・・、たぶん道路建設で消滅しているのでしょう。(写真右上)