中館
秋田県由利本荘市(旧大内町)大内中館
立地・構造
 中館は本荘平野の北東部、芋川と赤田川に挟まれ東方向に延びた小丘陵先端(比高10−20m)に築かれた平山城で、往時 周囲は芋川の氾濫原に囲まれていたと思われます。城の規模は推定東西300m×南北80mほど、内部の構造は不明。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。岩屋氏の由利十二頭岩屋氏の支城か?。
中館  遠景
メモ
 ・・・・・・・・
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・
遺構
平場
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年1月21日
中館は芋川の左岸、中館地区背後の細長い丘陵上に築かれた平山城です。(写真左ー南側からの遠景) 城へは特に登山道はありませんが、南麓の古四王神社から直登すると、すぐに稜線に辿り着けます。(写真左下) 管理人は稜線をしばらく歩きましたが、内部はケッコウ広い削平地になっていますが、特に遺構らしきものは確認できず。(写真右下) 同地は中世岩屋領と内越領の境目に位置しており、岩屋氏の「境目の城」として築かれたものと思われます。