尾去館
秋田県鹿角市(旧尾去沢町)尾去沢字尾去
立地・構造
 尾去館は鹿角盆地の中央西端、米代川左岸の森ヶ崎から北西方向に張り出した丘陵突端(比高30m)に築かれた平山城です。城は東西に切り込んだ沢と南側の丘陵基部を堀で分断して独立させ、規模は東西120m×南北280mほど、城縄張りは東西堀と南北堀で仕切られた並列型の連郭式縄張りで構築された大小の6郭からなります。規模は東北郭が東西50m×南北40m、東中郭が東西40m×南北65m、東南郭が15−20m四方、西北郭が東西30m×南北25m、西中郭が東西30m×南北50m、西南郭が東西60m×南北15−25mほど。各郭を仕切った堀は幅10−20m・深さ5−10mほど、堀城道を兼ねたものと推測され、大手口は東北郭・西北郭間の堀と思われます。また北側の現在の長泉寺境内周辺も城の一部だったのでしょう。なお米代川を挟んだ東側の対岸には玉内館、同じ丘陵の南端に松館があります。

尾去館概念図

 築城時期は不明。『鹿角由来記』には「一、尾佐利村 尾佐利越中領知 本名阿保也 館有」と記されており、館主は「鹿角四頭」安保氏の庶流尾去氏とされます。尾去氏の詳細な事績は不明、永禄9(1566)年 檜山城主安東愛季の鹿角侵攻で尾去安保左衛門は同族の大里館主大里備中守、花輪館主花輪伯耆守、柴内館主柴内相模守等とともに安東方に加担して南部方の長牛館を攻撃するなど安東氏の鹿角制圧に協力したとされます。しかし同11(1568)年、南部信直が鹿角に出陣して安東氏を鹿角から撤退させると、花輪・大里氏等は一時 郡外に逃れており、尾去氏も同様に逃れたと推測されます。その後の尾去氏の消息は不明。
歴史・沿革
尾去館  西北郭・西中郭間の堀
メモ
「鹿角四頭」安保氏の庶流
尾去氏の館城
形態
平山城
別名
赤神館 
遺構
郭・空堀
場所
場所はココです
駐車場
長泉寺の駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年5月23日
尾去館は米代川の左岸、尾去地区背後(南側)の丘陵上に築かれた平山城で、北東側の長泉寺を目指すとわかり易いです。(写真左上ー北側からの遠景 写真右上ー長泉寺) 長泉寺境内は周囲より若干 高い微高地に位置しており、家臣の居住地だったと思われます。でっ、長泉寺の背後が尾去館になっていて、境内の中央に「史跡標柱」が建てられ、ここから林道が設けられています。(写真左) 林道は東北郭・西北郭間、東北郭・東中郭間の堀を迂回するように敷設されています。(写真左下ー東北郭・西北郭間の堀 写真右下ー東北郭・東中郭間) ま〜〜、藪が酷くなければ、どこからでも郭にアプローチすることは可能です。
尾去館の特徴は縦横無尽に堀を穿って、並列型連郭式縄張りの城館に加工していること。こういった形態の城館は秋田でもレアなものですが、全国的にも珍しいでしょう。でっ、各郭を仕切った堀は幅10−20m・深さ5−10mほど、自然地形を利用したとは想定しずらく、大部分が人為的なものと思われます。(写真左上ー西南郭南側の堀 写真右上ー東南郭・西南郭間の堀 写真右ー西中郭・西南郭間の堀 写真左下ー西北郭・西中郭間の堀) 最も大規模なものが西北郭・西中郭間の堀で、幅15−20m・深さ10m。
東中郭(写真右下)
主郭に想定される郭で規模は東西40m×南北65mほど、東側が林道建設で削られています。
西南郭(写真左上)
規模は東西60m×南北15−25mほど、北西端が虎口受けの郭に加工されています。(写真右上)
東南郭(写真左)
規模は15−20m四方ほどの小郭、削平は甘くケッコウデコボコしています。
西北郭(写真左下)
通称金兵衛館。規模は東西30m×南北25mほど、南東側から坂虎口で堀に繋がっています。(写真右下)