雲井城
島根県邑智郡邑南町天蔵寺原・雲井山
立地・構造
 雲井城は井原盆地の東端、井原川右岸の井原川の支流天蔵寺川と岩井谷川に挟まれた雲井山(標高431m 比高250m)に築かれた山城で、規模は東西200m×南北350mほど、大きくは山頂部に構築された主郭部と南西側尾根に築かれた出丸からなります。主郭部は四方を急峻な城壁で囲郭され、北側の尾根筋を堀切で遮断して独立させています。主郭は北端に築かれ、規模は15−20m四方ほど、西から南側下に幅6−7mの帯郭が巻かれています。二の郭はこの帯郭の南側下に配置され、規模は30m四方ほど。三の郭は主郭・二の郭の西から南側をカバーした幅10−15mの帯郭
雲井城概念図
で、二の郭とは高さ10m以上の切岸で区画されています。以上が主郭部の縄張りですが変則的な階郭式の縄張りを踏襲し、防御ラインは切岸を最大限に利用した構造になっています。この主郭部へは南西側尾根からの導線が想定されますが、ここは高さ30−40mの急斜面になっていて、さらに斜面の中間には岩盤を削った堀切が穿たれ、導線を遮断する構造になっています。さらに堀底は長大な竪堀になって東・西側斜面の横移動をも遮断しています。(ふつうに横移動さえ難しい急斜面ではありますが・・・・・) 南西側尾根に築かれた出丸は南北70−80mにわたる痩尾根を浅い堀(尾根鞍部)で分断した南北2郭からなります。このうち南側の郭は削平も甘く相当凸凹した郭ですが、南端は二重堀で遮断し小郭を2段敷設させた虎口郭と想定され、北側の郭は東側に高さ1mの土塁が築かれ良好に削平された平場で居住空間(兵舎か?)をともなった郭と推測されます。雲井城は要害地形に築かれた山城ですが規模は小さく、通常は「物見」として利用され、有事の際に「逃げ込み郭」として利用されたと思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は在地から発生したと思われる開発領主井原氏とされますが、井原氏の出自は不明。鎌倉期、瑞穂・出羽郷は二つ山城を拠点とした出羽氏の支配下にあり、井原氏は出羽氏の与力だったと推測されます。貞和6(正平5 1350)年、備中の高橋師光は足利尊氏の命を受けて石見の南朝勢力制圧に動き、石見国邑智郡を宛がわれて阿須那に土着し、康安元(正平16 1361)年頃 出羽郷に侵攻します。高橋勢の攻撃を受けた出羽実祐は二つ山城で迎撃しましたが、高橋勢の猛攻を受けた二つ山城は落城、以後 出羽郷は高橋氏の支配下に置かれることとなりました。この乱の際、出羽氏救援に動いた温湯城主小笠原長義は出羽領に侵攻して井原郷を支配下に置き、井原氏は小笠原氏の支配下に組み込まれました。弘治元(1555)年、「厳島の戦」で陶晴賢を降した毛利元就は石見攻略を着々と進め、同3(1557)年 吉川元春が率いた毛利軍は尼子に与した温湯城主小笠原長雄の次男長秀の籠る雲井城を攻撃します。「雲井城の戦」で元春は東明寺山に向城を築いて戦陣の指揮を執ったとされ、戦いは長秀が川本に遁走して雲井城は陥落しました。戦後、雲井城は吉川氏の属城となり、小笠原氏が毛利氏に屈した永禄2(1559)年頃 破却されたと思われます。
雲井城  主郭背後の大堀切
メモ
在地勢力 井原氏の要害
形態
山城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀 
場所
場所はココです
駐車場
天蔵寺の駐車場借用
訪城日
平成21(2009)年3月23日
雲井城は井原地区南東側の独立丘陵雲井山に築かれた山城です。(写真左上) 雲井山は麓の井原から見ると、聳えるような急峻な山容をした山で、城は頂部の主郭部と南西側尾根の出丸からなります。城へは特に登山道はなく、管理人は西麓の天蔵寺(写真右上)の脇から山に入りました。(写真左) 山に向かうと古い墓地を過ぎ、山際から支尾根を直登して主尾根を目指します。(写真左下) 斜面はケッコウキツイですが藪もなく、また掴まるものも適当にあり比較的登りやすく、約20分で主尾根に辿り着きました。(写真右下)
主尾根を北進して最初に現れるのが尾根筋を遮断した堀切です。(写真左上) 規模は幅4−5m・深さ2mと小規模なものですが、さらに進むともう1条敷設され、二重堀になっています。(写真右上) 2条目の堀切も規模が小さいものですが竪堀をともなっています。
堀切を越えると出丸部分になります。出丸は浅い堀(尾根鞍部?)で分断された郭群からなり、南側の郭は削平も甘く相当凸凹した郭です。(写真右) でっ、北端の郭は東側縁部に高さ1mの土塁が築かれ郭で規模は東西15m×南北30mほど(写真左下)、土塁の東側は主郭に向う導線にになっています。(写真右下)
出丸の北側は鞍部を利用した堀切が穿たれ、急峻な断崖で山頂部に繋がっています。(写真左上) でっ、堀底には投石用(飛礫石?)と思われる石塁が相当量散らばっています。(写真右上)
堀底から主郭部までの高低差は30mほど、急峻な断崖になっています。(写真左) 斜面の中間には岩山を削った浅い堀切が普請されていますが(写真左下)、前後が急斜面になっているため説得力があり、また堀底は長大な竪堀に変化して東・西斜面をズドーンと滑り落ちます。(写真右下) 写真はイマイチですが、管理人的にはケッコウ好きなパーツです。
三の郭(写真左上)
主郭・二の郭の西から南側をカバーした幅10−15mの帯郭。二の郭との比高差は10m以上あり、南東側の大岩を木戸口とした坂虎口で二の郭に繋がっていたと想定されます。(写真右上)
二の郭(写真右)
規模は30m四方ほど、内部は全体が藪化しています。
主郭(写真左下)
規模は15−20m四方ほど、西から南側下に幅6−7mの帯郭が巻かれ、帯郭と二の郭は3mの段差で区画されています。(写真右上) 内部は全体的に藪化が進行しています。
主郭背後は15mほど切り落として堀切で処理されています。(写真左上) 堀切は岩盤を砕き切った豪快なもの、さらに北側にも尾根筋を遮断する竪堀が見られます。(写真右上)
戦国期、小笠原氏に従った井原氏は本明城主福屋氏と対峙し、このため隣接した福屋領中野に対する抑えとして、雲井城の西麓、南北に延びた低丘陵に平城(写真左)・稲積城(写真左下)を築かれています。また弘治3(1557)年 吉川元春が雲井城攻略の際 向城として築いた東明寺山城は雲井山の北西2kmに位置します。(写真右下)東明寺山は標高498mと雲井山より高く、山頂部に物見が置かれたのでしょう。