永泉寺
秋田県仙北郡美郷町(旧六郷町)六郷
歴史・沿革
 永泉寺は南北朝期の文和年間(1352−55年)に創建されたと伝えられ、中世にはこの地の地頭職二階堂(六郷)氏の菩提寺として庇護され、天正5(1577)年には二階堂道行が涅槃像を寄進したとされます。(『永泉寺什物涅槃像事』には「大旦那藤原朝臣二階堂弾正忠道行」と記されています) 慶長7(1602)年、六郷政乗が常陸国府中に転封すると永泉寺はこれには同道せず、江戸期は民間主体の檀家寺院となり、現在は秋田33観音霊場の第15番札所になっています。なお元和9(1623)年、六郷政乗が出羽国本荘に転封すると、もともとの六郷氏の菩提寺にちなんで永泉寺を本荘に創建しています。   (場所はココです)
山門(仁王門) 本堂