和 合 城
長野県埴科郡坂城町鼠宿・上田市下塩尻
立地・構造
 和合城は千曲川の右岸、太郎山・虚空蔵山から南西方向に半島状に突き出した稜線突端(標高654m 比高230m)に築かれた山城で、東側稜線を堀切で断ち切って城域を独立させています。城の規模は東西120m×南北50mほど、城縄張りは東西稜線を加工した連郭式縄張りが採用さ
現地説明板の図
れ、最西端の主郭から階段状に郭が構築されています。規模は主郭と二の郭が20−25m四方、三の郭が東西25m×南北20m、四の郭が東西30m×南北10−15mほど、各郭は3−5mの段差で仕切られています。同地は千曲川に面した断崖絶壁の要害地に位置し、また坂城・上田方面を一望にできる要衝地で、基本的には物見・狼煙台等の機能が想定されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。通説では中世埴科郡を支配した葛尾城主村上氏が物見砦(支城)として取り立てたと推測されています。天文17(1548)年2月の「上田原の戦」、天文19(1550)年の「戸石崩れ」で村上義清は東信侵攻を推し進める武田晴信を2度にわたり退けましたが、同22(1553)年 葛尾城を攻略されて越後に落ち延びました。その後、和合城は武田氏に接収され武田氏の被官 多田氏が入城したと伝えられます。天正10(1582)年、武田氏が滅亡し織田信長が「本能寺」で横死すると 信濃府中に侵攻した徳川家康と北信に侵攻した上杉景勝が対峙する間、小県はいちはやく徳川に加担した真田昌幸が掌中におさめます。この際、和合城も真田氏に接収され真田の属城になったと思われます。慶長5(1600)年の「関が原の戦」では西軍に加担した真田昌幸の上田城に対する押さえとして、海津城主森忠政が和合城に兵を詰めたと伝えられます。
歴史・沿革
和合城 南東側からの遠景
メモ
村上氏の支城
形態
山城
 別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・虎口・石積土塁・堀
場所
場所はココです
駐車場
登り口前に駐車スペースあり
訪城日
平成18(2006)年10月9日
和合城は上田と坂城の境をなす太郎山の突端に築かれた山城で、山裾には千曲川が流れる断崖絶壁の上に位置します。(写真左上ー鉄塔の建つあたりが主郭) 城は上田から坂城に繋がる狭隘部に築かれていて、基本的には葛尾城の支城として取り立てられたのでしょう。(写真右上) 城へは北西麓の某スーパーの裏側あたりから登山道が敷設されています。登り口からしばらくは石塁がゴロゴロする緩斜面を直登し(写真左)、その後は斜面をつずらおれに登ります。(写真左下) ハッキリいって比高差以上に足に疲れがくる道です。でっ、中腹を過ぎたあたりで登山道を遮断するように竪堀が敷設されています。(写真右下)
登山道を登り切ると尾根に辿り着き、ここで右折(西方向)します。(写真左上) でっ、しばらく進むと巨大な堀切にぶち当たります。(写真右上) 堀切は四の郭東側の堀切で規模は幅7−8m・深さ4−5mほど、豪快な竪堀をともなっています。(写真右)
四の郭(写真左下)
全体が藪化しわかりずらいですが、規模は東西30m×南北10−15mほど、ここから主郭までは3−5mの段差で仕切られた主郭・二の郭・三の郭が階段状に構築されています。(写真右下ー三の郭の虎口)
(写真左) 三の郭
背後には太郎山・虚空蔵山が迫り、この稜線上にも村上氏の城郭遺構が残っているようです。(未確認)
(写真上) 主郭方向
藪化が酷く、立ち入っていません。切岸部分には石積も見られるようですが・・・・・・・・・・、未確認。
(写真左下) 主郭から上田平方向
(写真右下) 主郭から坂城方向