旧 鐙 屋
山形県酒田市中町
 旧鐙屋は江戸期を通じて日本海北前航路の廻船問屋をつとめ、また酒田三十六人衆の筆頭として酒田の町年寄をつとめた酒田を代表する旧家です。鐙屋はもともと本姓池田を称していましたが、慶長13(1608)年 最上義光から鐙屋の屋号を与えられ、以後 鐙屋惣左衛門を称しました。鐙屋の繁栄ぶりは井原西鶴の『日本永代蔵』でも紹介され、同書には「酒田の町に、鐙屋といへる大問屋住けるが、昔は纔なる人宿せしに、其身才覚にて、近年次第に家栄え、諸国の客を引請、北の国一番の米の買入れ、惣左衛門といふ名をしらざるはなし。表口三十間裏行六十五間を、家蔵に立つずけ、台所の有様、目を覚しける。」と記されています。建物は弘化2(1845)年の大火直後に再建されたもので、切妻妻入り様式、石置杉皮葺屋根の町家造りになっています。昭和59(1984)年、国の指定史跡に認定。    (場所はココです)
リーフレットの所収図
現地リーフレットの所収図
 正面からの全景
 大戸口
 店舗
 通り土間
 南の庭園
 上の間・次の間
 中の間
 茶の間
 納戸
 台所