海 向 寺
山形県酒田市日吉町
 海向寺は9世紀頃、真言宗の開祖弘法大師空海により創建されたと伝えられる真言宗智山派の密教寺院です。後に真然上人が堂宇を建立し、胎蔵界大日如来(湯殿山大権現)を御本尊として勧請したとされます。また海向寺は湯殿山注連寺の末寺で、このため住職は代々 湯殿山で行を積んだとされます。なお境内の即身仏堂には近世 堂宇を中興した忠海上人(宝暦5 1755年入寂)と円明海上人(文政5 1822年入寂)の即身仏が祀られています。   (場所はココです)
 本堂 
 粟島水月観音堂 
 即身仏堂