観 音 寺 城
山形県酒田市(旧八幡町)観音寺、麓字楯山
立地・構造
 観音寺城は庄内平野の中央東端、荒瀬川右岸の丘陵突端(通称 楯山 標高70m 比高40m)に築かれた平山城です。城の西 ー 南側は急斜面の断崖、東側には深い沢が切り込み、北側稜線を堀と土塁で仕切り城域を独立させています。全体の規模は東西160m×南北300mほど、内部は東西堀で仕切られた南・北の2郭と西 ー 南側斜面に敷設された帯郭群からなります。主郭は南側の郭群と推測され、規模は東西120m×南北190mほど、内部は低めの段差で数郭に区画され、南西端の方形郭が中心郭と推測されます。北東端には高さ3mの土塁が築かれ、端部が幅広になっていることから櫓台を兼ねたものと推測されます。北側の郭(副郭)は東西140m×南北90mほど、内部は東から西方向になだらかに傾斜する斜面を利用して、数段の段郭群に加工されています。主郭・副郭を断ち切った堀は幅10−15・深さ5−6mほど、箱堀状で東側の沢に吸収されています。副郭の東 ー 北側に敷設された堀は幅10m・深さ6−7mの薬研堀で、副郭側には高さ5mの土塁が築かれています。(削り残された土塁か?) 大手筋は西麓から北西側の虎口に繋がるルートと推測されます。観音寺城はシンプルな複郭構造の平山城ですが、平場の規模・使
観音寺城 概念図
用されているパーツはボリューム感のある豪快なものです。基本的には主郭部に城主居館殿舎、副郭に家臣給人の屋敷地を設けた館城と推測されます。

 観音寺城は永禄年間(1558−70年)頃、河北の有力国人 来次時秀により築かれたと伝えられます。来次氏の出自は不明ですが、伝承によると奥州藤原氏の祖 出羽清原氏の一族 清原時衡が「後三年の役」(1083 ー 87年)の戦乱に嫌気をさして来次法林を頼って羽黒山に入山したのが初源とされ、時衡から20代目の氏房の代に常禅寺に古楯を築いて土着したと伝えられます。そして氏房の子 時秀の代には河北の有力国人に成長し、庄内を支配した尾浦城主 武藤(大宝寺)義氏の支配下に属しました。天正6(1578)年、上杉謙信が死去すると時秀のあとを継いだ出雲守氏秀は上杉の後盾を失った武藤義氏に対して謀反を起こします。そして謀反は武藤勢により鎮圧されましたが、氏秀は義氏から処罰を受けず、逆に所領を加増され懐柔されました。天正10(1582)年頃から山形城主 最上義光は庄内制圧を目指し、再三にわたり武藤氏家臣団の懐柔を図り、氏秀のもとには鮭延城主 鮭延越前守秀綱から書状が送られます。しかし氏秀はどちらにもつかず日和見を決め込み、この間 義氏は最上氏を後盾とした前森蔵人の謀反により自害に追い込まれました。そして義氏のあとを継いだ弟の兵庫義興もまた 同15(1587)年、最上勢の攻撃を受けて討死し、庄内は最上氏により制圧されました。この際、氏秀は最上勢に同調しませんでしたが、翌16(1588)年 本庄越前守繁長が義興の養子になっていた次男の出羽守義勝(義興)とともに庄内に侵攻すると、氏秀は越後勢に加担して最上勢と対峙しました。(「十五里ヶ原の戦」) そして戦いは越後勢の勝利で終結し、氏秀は本庄氏(越後上杉氏)の支配下に組み込まれ、観音寺城には上杉配下の寺尾伝右衛門が入城しました。しかし同18(1590)年に勃発した検地に反対する庄内一揆勢の攻撃を受けて観音寺城は陥落し、伝右衛門は討死したと伝えられます。慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」で上杉氏が加担した西軍が敗れると、上杉景勝は会津から米沢に減知移封され、この際 氏秀も米沢に移りました。観音寺城の消息は不明ですが、米沢移住時 あるいは天正18年の落城時に廃されたものと思われます。
歴史・沿革
観音寺城 主郭東側の巨大堀(自然の沢)
メモ
庄内の有力国人 来次氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台?・虎口・石積・堀・水の手
場所
場所はココです
駐車場
南麓の寺院の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年12月11日
平成22(2010)年 5月16日
観音寺城は庄内平野の中央東端、観音寺地区背後の丘陵突端に築かれた平山城です。城の西麓には来次氏房が築いた古楯(旧館)がありますが、平城で要害性に不安があったため、氏房の子 時秀の代に観音寺城を新たに築いたとされます。(写真左上・右上 古楯は現在、小学校の校地になっていて周辺の水田面より若干高いようです) 以前、管理人は南麓の円通寺(写真左)から直登し灌木の藪に阻まれ苦労した経験があり、今回は前回 下山する際、利用した南東側の沢から登りました。沢へは円通寺東側の林道から入り(写真左下)、藪を越えて登り詰めると南側斜面に敷設された帯郭に辿り着きます。(写真右下) 規模は幅10−15m・長さは60mほど、主郭とは15m前後の高い切岸で画されています。
主郭(写真左上)
規模は東西120m×南北190mほど、内部は低めの段差で数郭に区画され、若干 高くなっている南西側の方形郭(東西75m×南北70m)が中心郭と思われます。でっ、方形郭の段差部分には川原石を積んだと思われる石積が見られ(写真右上)、また主郭部の中央には水の手と思われる溜池があります。(写真右) でっ、池から北西方向に大手虎口が設けられているようですが ・・・・・・・・・、藪がひどく未確認。北 ー 東側縁部には高さ3mの分厚い土塁が築かれ(写真左下)、外側(北側)は自然の沢を利用したと思われる巨大な堀で仕切られています。(写真右下)
主郭・副郭間は幅10−15・深さ5−6mの堀で仕切られています。(写真左上) 堀は東西150mにわたり、東側は沢に吸収されています。写真では藪がひどく不明瞭ですが、規模は大きく、ま 〜〜〜 庄内では最大規模の堀でしょう。(たぶん)
副郭(写真右上・左)
規模は東西140m×南北90mほど、内部は一面の藪になっています。郭は東から西方向になだらかに傾斜した斜面を利用し、1−3mの段差で数段に区画されています。最上段の東 ー 北側縁部には最大高5mの土塁が築かれ(写真左下 削り残しか?)、外側は急斜面に切り込んだV字状の堀で処理されています。(写真左下)