砂 越 城
山形県酒田市(旧平田町)砂越楯の内
立地・構造
 砂越城は庄内平野の中央東部、最上川右岸の微高地に築かれた単郭の方形館で、後世 方形館を外郭(家臣屋敷地・町屋)で囲郭して城域を拡大した「惣構」の巨大城郭です。城の規模は東西700m×南北400mほど、主郭は城の中央に位置し、規模は東西80m×南北70mほど、周囲を高さ2−3mの土塁と幅10m前後の濠で囲まれていました。虎口は南側に開き、「食違い虎口」が採用されていました。主郭の東側には副郭が設けられ、規模は70m四方ほど、主郭同様 濠と土塁で囲まれた方形郭だったようです。主郭・二の郭を囲郭した外郭は最上川と接しない東ー北ー西側に土塁と濠が構築され、内部には家臣屋敷地や町屋が置かれ用水堰で区画されていたと思われます。虎口は北ノ門(大手)と西側に搦戸門が構えられ外部と繋がっていました。

現地説明板の図
 築城時期・築城主体ともに不明。『石黒家記』によると時期不詳ながら赤松氏の三男 石黒某が館を築いたのが初源とも。鎌倉初期、地頭職として庄内に入部した砂越氏は当初、八幡に居住しましたが、後に砂越城に移ったとも伝えられます。 『一条八幡祭礼日記』によると砂越氏は新田目城主 留守氏と並んで最上川北岸の有力国衆に成長し、永享二(1430)年の記録では八幡町の市条付近に政所を構え、代官を据えて所領を支配させたと伝えられます。室町初期、詳細は不明ですが砂越氏は大宝寺城主 武藤氏の攻撃を受けて没落し、砂越氏は武藤氏系砂越氏に交代したと推測され、砂越城はこの頃から「惣構」の城郭に拡張・整備されたものと思われます。戦国初期、惣領武藤氏の惣領支配に反発した砂越氏は武藤氏と対峙するようになり、永正9(1512)年 武藤(砂越)信濃守氏雄は武藤方の東禅寺城を攻撃、さらに翌10(1513)年には大宝寺武藤領に侵入しましたが敗北を喫して氏雄は討死にしました。そして同年、砂越城は武藤勢の攻撃を受けて落城し、砂越氏は武藤氏の支配下に置かれ、砂越家には武藤氏から氏維が送り込まれました。しかし天文元(1533)年、氏維は武藤氏に対して挙兵し、田川郡に侵入して大宝寺城を焼き払いましたが、武藤左京大夫晴時は尾浦城で砂越勢に抵抗を続け、さらに越後に仲裁を依頼して砂越氏と和睦しています。その後も砂越氏は武藤氏に敵対し続けましたが、武藤出羽守義氏が天正年間(1573−91年)初期 庄内を制圧するとその支配下に組み込まれました。しかし天正11(1583)年、義氏は近臣の前森蔵人の謀反により自害に追い込まれ、義氏のあとを継いだ弟の兵庫頭義興が越後上杉と、東禅寺筑前(前森蔵人)が最上と結ぶと庄内の国衆は武藤派と前森派に分裂して内乱に発展しました。そして同15(1587)年、義興は最上・東禅寺連合軍の攻撃を受けて尾浦城で自害し、庄内は最上氏の支配下に置かれました。 しかし同16(1588)年、越後の本庄越前守繁長が庄内に侵攻して「十五里ヶ原の戦」で最上軍を撃破し、庄内は本庄氏が支配することとなりました。砂越氏はこの内乱で最上方に加担したため戦後、没落し 砂越城は本庄氏に接収されたものと推測されます。慶長5(1600)年の「関ヶ原」後、庄内は最上氏の所領となり、砂越城はこの頃 廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
砂越城 主郭の南虎口
メモ
庄内の有力国衆 砂越氏の館城
形態
平城
別名
砂越古館
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車(空地あり)
訪城日
平成18(2006)年6月20日
平成21(2009)年4月16日
砂越城は最上川北岸の微高地に築かれた平城で、往時は最上川が城の南側直下を流れていたようです。(写真左上) でっ、主郭は城の中央に設けられた方形郭で規模は東西80m×南北70mほど。周囲を高さ2−3mの土塁と幅10m前後の濠で囲まれた典型的な方形館だったようで、後に外郭を拡張したものと思われます。現在、内部は東側が運動公園、西側が諏訪神社の社地になっています。(写真右上ー主郭の東側 写真左ー主郭中央の諏訪神社) 虎口は南側中央に開き、写真ではわかりずらいですが塁線がズレる「食違い虎口」になっています。(写真左下)
(写真右下) 北側の塁線
(写真左上) 主郭西側の土塁、下幅7−8m・高さ1−1.5mほど。往時はもっと高かったと思われます。
(写真右上) 主郭西側の濠祉、幅3−4mほど、外側が埋められたものと思われます。
(写真右) 主郭西側の復元刎橋、この部分にはもともと虎口はありません。あくまで模擬です。
(写真左下) 主郭南西端の模擬櫓
土塁の南西端は幅広になっていて櫓台が想定されます。でっ、ここには茨城県逆井城の井楼櫓を参考した櫓が建てられています。
(写真右下) 主郭南側の濠祉
副郭(写真左上)
主郭の東側に位置し 規模は70m四方ほど。現在は長應寺の境内になっています。郭は周囲を濠と土塁で囲まれた方形郭だったと思われますが、濠は消滅して車道になり、唯一 南側に高さ2mの土塁痕が残存するのみ。(写真右上ー北側の濠祉 写真左ー主郭間の濠祉 写真左下ー南側の土塁痕) また南土塁上には「砂越城主尊親塔」が建てられています。(写真右下) なお長應寺はもともと西外郭に建てられていたようですが、廃城後 ここに移されたのでしょう。
現地案内図によると往時、外郭から外部へは北ノ門、搦戸門(西)で繋がっていたようです。(写真左上ー北ノ門祉) 現在、外郭部分は宅地化等により改変されていますが、日枝神社周辺(後の高札場)には東側の外郭部分の土塁と濠祉がかすかに確認できます。(写真右上ー高札場 写真右ー日枝神社の残存土塁) 土塁の規模は下幅10m・高さ1−1.5mほど。
秋田の中世を歩く