陸奥の城
 三 戸 城
青森県三戸郡三戸町城山
立地・構造
 三戸城は三戸盆地の中央部に屹立した独立丘陵(標高130m 比高100m)に築かれた山城で、東側を流れる馬淵川と西側を流れる熊原川を自然の濠とし、規模は東西1200m×南北400mほど。城縄張りは頂部に構築された主郭「淡路丸」)を中心に東・西側稜線に階段状に郭を敷設したシンプルな階郭式縄張りで構築されています。主郭の規模は東西120m×南北220mほど。内部には主殿、御奥、千畳敷、大書院、御金蔵等の主要殿舎が建てられていたとされ、西側下には「谷丸」、北側下には「淡路郭」(下段)と呼ばれる腰郭が敷設されていました。主郭の西側には実質的な二の郭に想定される「南部利康屋敷」(東西160m×南北120m)が配置され 、
現地説明板の復元図(江戸初期)
主郭とは大土塁で区画され、大御門で繋がっていました。さらに「南部利康屋敷」の西側下には重臣の屋敷地が階段状に敷設され、桝形の欅御門で繋がっています。大手筋は南西麓からのルートが想定され、中腹の綱御門⇒鳩御門を経由して家臣屋敷地に繋がり、搦手は北東麓から鍛冶屋御門を通り主郭の北側に繋がっています。綱御門、鳩御門、鍛冶屋御門は石積(石垣)で構築された桝形構造になっています。城の縄張りは郭を階段状に敷設したシンプルな構造になっていて、自然の要害地形を最大の防御ラインとしながらも、導線には桝形等の新しいパーツを使用するなどして防御力を高めています。全体的に規模は非常に大きく、日常居館を包括した大要塞です。なお周囲には馬場館梅内館、川守田館、京兆館、金堀館等の支城群が構えられていました。

 鎌倉初期、糠部郡に入部した三戸南部氏は室町中期以降、三戸を中心に勢力を拡大し領内統治をしていました。しかし南部大膳大夫晴政の代の天文8(1539)年、聖寿寺館を家臣 赤沼備中の放火で焼失した晴政は永禄年間(1558−70年)、領内 留ケ崎にあらたに新城(三戸城)を建設しました。そして晴政には子がなかったため従兄弟の田子信直(後の南部信直)を養嗣子に迎えていましたが、元亀元(1570)年 晴政に世子 津千代(晴継)が誕生したため、信直は養嗣子を辞して田子に戻りました。その後、晴政が信直暗殺を企てるようになったため、元亀2(1571)年 信直は南部庶流の北左衛門佐信愛の剣吉城に保護され晴政と対峙することとなります。同10(1582)年、晴政が死去し晴継が夭折すると、南部家の家督は北信愛、浅水城主 南弾正少弼盛義等が支持する信直が継承し、このため家督を争った九戸実親の兄 左近将監政実との対立が顕在化するようになります。同14(1586)年、高水寺城を攻略して斯波詮直を滅ぼした信直は、同15(1587)年 北信愛を前田利家に派遣して豊臣政権への臣従を表明します。そして信直は同18(1590)年の小田原の役」に参陣し「奥州仕置」により南部七郡(糠部、岩手、志和、稗貫、和賀、閉伊、鹿角)の領有を認められました。同19(1591)年、かねてから対立関係にあった九戸左近将監政実が叛乱を起こして信直方の城を攻撃すると、信直は自力での鎮圧をあきらめて豊臣政権に援軍の依頼をします。(「九戸の乱」) 同年、「奥州仕置軍」の支援を受けた信直は九戸城を開城させて乱を鎮圧しました。乱鎮圧後、信直は三戸城が領内の北端に偏在していたため、あらたに岩手郡不来方に新城を築くこととし、新城(盛岡城)が完成する間、南部氏の本拠は三戸城九戸城⇒ー高水寺城と転々としました。そして寛永10(1633)年、南部藩三代藩主 山城守重直の代に盛岡城が完成すると、三戸城には城代、代官が置かれ、貞亨年間(1684〜87年)に廃城。
歴史・沿革
三戸城 復元された綱御門
メモ
南部晴政が築いた南部本城
形態
山城
別名
 留ヶ崎城・三戸高城
遺構
郭(平場)・土塁・復元綱御門・虎口・桝形・石積・移築城門・水の手
場所
場所はココです
三戸城山公園
駐車場
城山公園駐車場(山頂)
三戸町役場駐車場(麓)
訪城日
平成18(2006)年 9月8日
平成20(2008)年10月2日
三戸城は三戸盆地中央部の独立丘陵に築かれた山城で、東側を流れる馬淵川と西側を流れる熊原川を自然の濠としています。(写真左上・右上) 大手は南西麓の「在府小路」(写真左)に構えられた下馬御門から城道が設定されていたようですが、現在は車道が主郭まで敷設されていて楽に登ることができます。城好きな方には、当然歩いて登ることをお奨めします。(写真左下ー登り口)
三戸代官所祉(写真右下)
寛永10(1633)年、盛岡城が完成すると三戸城には城代が置かれましたが、貞亨年間(1684〜87年) 三戸城は廃城となり、代わって城下に三戸代官所が置かれました。
物見櫓(写真左上)
三戸城の南東先端 通称 ベコ()の鼻」に位置し、南東〜北西の眺望に優れています。
復元 綱御門(写真右上・右)
三戸城の大手門で桝形構造になっています。門の両脇は石垣で補強され、さらに隣接した高さ6−7mの城壁も石積で普請されています。石垣は蒲生氏郷が普請したと伝えられます。でっ、綱御門の内部は武者溜と呼ばれる平場になっています。(写真左下) 
鳩御門(写真右下)
武者溜から比高7−8mの切岸に切り込むように普請された桝形虎口。一部に石塁の崩落が見られることから石積だったのかも ・・・・・・・。
鳩御門から「南部利康屋敷」までは南部氏の重臣 目時筑前守(目時館主)、桜庭安房守(赤石城主)、北左衛門佐(剣吉城主)、東彦左衛門(上名久井館主)、石亀七左衛門(石亀館主)の屋敷地が階段状に配置されています。(写真左上ー桜庭安房守屋敷 写真右上ー北左衛門佐屋敷 写真左ー東彦左衛門屋敷) でっ、この屋敷地から「南部利康屋敷」へは現在、糠部神社の参道でまっすぐ入ることができますが、本来は欅御門と呼ばれる桝形虎口で繋がっていたようです。(写真左下) でっ、欅御門から入った部分が石井伊賀守屋敷(甲州譜代)になります。(写真右下)
「南部利康屋敷」(写真左上)
実質的な二の郭に想定される広大な郭(東西160m×南北120m)で、内部には主郭「淡路丸」)にあったとされる御三階と呼ばれる隅櫓を模した模擬天守が建てられ(写真右上)、糠部神社が祀られています。(写真右) でっ、主郭とは分厚い土塁で区画され、大御門と呼ばれる虎口で結ばれています。土塁は部分的に残存していますが虎口は消滅し(写真左下)、土塁の北側の延長線には堀が残っています。(写真右下)
 
南部利康は南部利直の四男。聖寿寺館に近い三光寺に御霊屋があります。
主郭(写真左上 「淡路丸」
駐車場や公園整備で、どこまでが郭の範囲なのかわからないくらい、相当 改変されています。規模は推定 東西120m×南北220mほど。内部には主殿・御奥・千畳敷・大書院・御金蔵等の施設が置かれていたと伝えられます。西側下には「谷丸」と呼ばれる郭が敷設され(写真右上)、穴御門で主郭と繋がっていました。(写真左下) また内部には水の手と思われる大清水があったようです。(写真左) また北側下には「淡路郭」(下段)が配置されていました。(写真右下)
主郭「淡路丸」)の北から北東側にかけては腰郭が1段 敷設され、現在は亀池・鶴池等の湧水地があります。(郭名不詳) ここには上段御馬屋が置かれ、搦手方向に繋がる木戸口になっていました。(写真左上)
 
奥瀬与七郎屋敷(右上 奥瀬館主)
三戸城の北端に位置し、北方向の眺望に優れています。平場先端からは南部氏が三戸城に移る前の本拠地 聖寿寺館、平ヶ崎館等を望むことができ(写真右)、また鍛冶屋御門からの搦手ルートを監視する要衝地です。
鍛冶屋御門(写真左上・右上)
三戸城の搦手虎口で、桝形構造になっています。木戸は石積で補強されていたようですが ・・・・・・・・、来るたびに崩落がひどくなっているような ・・・・・・・・ なんとかしてもらいたいものですが。石積の高さは1.5mほど、「九戸の乱」以降に築かれたものなのでしょう。
 
城下六日町の法泉寺の山門は、三戸城の搦手御門を移築したものと伝わります。門は薬医門形式で唐破風屋根になっています。(写真左)