秋田の近代を歩く
 旧池田家(払田分家)庭園
秋田県大仙市(旧仙北町)払田
 池田家は江戸期、高梨村の肝煎を務めた孫左衛門にさかのぼると伝えられる旧家で、江戸末期には名字を許され、明治初期には「東北の三大地主」に数えらる豪農に成長しました。払田分家庭園は明治41(1908)年、当主池田文太郎の弟禮二が分家した際、邸宅に作庭された池泉式庭園で長岡文平の設計によりものです。平成20(2008)年7月、国の名勝に追加指定。   (場所はココです)
 分家正門
 庭園
 庭園