幡江館
秋田県仙北郡美郷町(旧千畑町)上畑屋
立地・構造
 幡江館は仙北平野の中央東部、丸子川南岸の扇状地形扇端部(湧水地)に築かれた平城で、菅江真澄の『月の出羽路』には「外館、本ト戸館に作る也、家 古八軒、今五軒」と記されています。現在は宅地化・道路整備等で遺構の大半は消滅し、規模・構造等は不明ですが、周囲を二重濠で囲った方形館と想定され、館の西・南側の濠祉と思われる遺構?がかすかに残存しています。基本的には在地領主の日常居館と思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。『新渡戸文書』によると康永元(興国3 1342)年 山本郡幡江郷荒
井村が左衛門尉貞隆から和田石見左衛門蔵人繁晴へ打渡され、さらに貞治3(1364)年、和田?保阿から辰犬丸に、同5(1366)年には辰犬丸から新蔵人秋季に譲られており、この頃 和田氏により築かれた可能性も推測されます。戦国期、幡江郷は六郷衆(二階堂氏)に与した在地領主神尾(町)氏の所領となります。神尾(町)氏は鎌倉末期から南北朝期頃 仙北郡に入部した伊豆狩野氏の庶流と伝えられ、室町末期 二階堂(六郷)氏と婚姻関係を結んで「六郷衆」(六郷城主六郷氏・飯詰城主久米氏・金沢城主金沢氏等)の一翼を担い、「奥州仕置」(天正18 1590年)では六郷氏とは別に2600石の所領を安堵されています。史料上では『戸沢家譜』神尾町尾張守・神尾町豊前守・神尾町雅楽等の名が、『奥羽永慶軍記』の「岩崎城攻めの事」には神尾町内膳の名が見られます。文禄3(1594)年の『中郡領知上り高書上ゲ手控』によると畑屋は神尾(町)氏配下の畑江氏の所領として記されていることから、幡江館には畑江氏が居住していたと推測されます。慶長7(1602)年、六郷氏の常陸国府中への転封により廃城か?。
歴史・沿革
幡江館  西側の濠祉?
メモ
「六郷衆」 神尾(町)氏の被官
畑江氏の居館か?
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
濠祉?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年8月17日
幡江館は現在の上畑屋地区西部に存在していたと思われますが、内部は宅地化・道路建設等により改変され、遺構の大部分は消滅し、このため城域の範囲・規模は不明瞭になっています。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー内部) とういうことで管理人は集落内を歩き廻ったところ たぶん ・・・・・・・・、館の西・南側の濠と思われる地形を発見!!!。(写真左ー西側の濠祉か? 写真左下ー南側の濠祉か?) 遺構かどうなのかはハッキリ明言できませんが ・・・・・・・・、それらしい雰囲気はあります。
 
(写真右下) 館祉の南東部に祀られる八幡神社