本 堂 城
秋田県仙北郡美郷町(旧千畑町)千畑本堂城廻
立地・構造
 本堂城は仙北平野の中央東部、矢島川南岸の微高地(扇状地形末端)に築かれた平城です。城の規模は推定東西430m×南北400mほど、城縄張りは主郭(内郭)を外郭が取り囲む典型的な輪郭式縄張りで構築されています。現在、残存する主郭は東西160m×南北180mほど、周囲を土塁と濠で囲った典型的な方形郭で、東・南・西側の中央に虎口が設けられ外郭とは土橋で繋がっていました。規模は土塁が下幅6−7m・高さ3−4m、濠が幅15−20m・深さ1−2.5mほど。北東部の土塁が部分的に残存しています。外郭部は遺構が消滅しているため構造は不明、主郭と同様 周囲は土塁と濠で囲まれていたと推測されます。同地は北に矢島川が流れ、また奥羽山脈の伏流水が湧水する扇状地形の扇端部に位置しており、濠には常に充分の水量が確保されていたと推測されます。城は築城当初、主郭単郭の方形館として築いたものを、後に要害性を高めるため外郭を拡張したものと思われます。

 本堂城は天文年間(1532−55年)、仙北郡の国人領主本堂義親により築かれたとされます。本堂氏は清和源氏を称し、鎌倉期に陸奥国和賀郡に入部した和賀氏の庶流とされます。 南北朝期の観応3(正平7 1352)年、和賀薩摩守基義が足利尊氏から軍功として山本郡内安本郷・安城寺郷・雲然郷を宛がわれ、一族(庶子か?)が代官として仙北郡に入部し、当初は山城(元本堂城)を築いて居住し ていましたが、天文年間の義親の代に平城(本堂城)を築いて移住したとされます。戦国期、本堂氏は角館城主戸沢氏・横手城主小野寺氏に挟まれた脆弱な独立勢力で、義親は

現地説明板の図
戸沢氏との戦により鶯野で、義親の嫡子頼親は金沢氏との戦いで討死したと伝えられます。天正沢氏との戦いで討死したと伝えられます。天正18(1590)年、本堂忠親は豊臣秀吉の「小田原の陣」に参陣し、戦後 8900石の所領安堵を受け、豊臣政権下に組み込まれました。忠親のあとを継いだ嫡子伊勢守茂親は慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」で東軍に加担して西軍の小野寺氏と対峙し、戦後 常陸国志筑8500石に転封となりました。本堂城はこの際、廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
本堂城 主郭北東部の土塁
メモ
仙北郡の有力国人
本堂氏の館城
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・濠・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成16(2004)年11月4日
平成19(2007)年7月11日
本堂城は仙北平野の中央東部の平野部に築かれた平城です、(写真左上) 城は主郭を外郭が取り囲む輪郭式縄張りで築かれ、現在 外郭部分は消滅していますが、主郭(内郭)は比較的良好な状態で残存しています。主郭を取り囲んだ内濠の規模は幅15−20m(深さは調査により1−2.5m)ほど、北側を流れる矢島川から取水するとともに、同地は湧水の豊富な扇状地形の末端に位置しており、水には困らなかったのでしょう。(写真右上ー北側の内濠 写真左ー西側の内濠 写真左下ー南側の内濠 写真右下ー東側の内濠)
(写真左上) 北東側の内濠
 
外郭から主郭への導線は東・南・西側のそれぞれ中央に設けられた土橋から繋がっています。土橋は幅1.5−2mほど。南門が大手虎口とされ、東門から東側に延びた延長上に街村状の城下が構えられていました。(写真右上ー東門祉 写真右・右下ー南門祉 写真左下ー西門祉)
主郭(写真左上・右上)
規模は東西160m×南北180mほど、秋田県内に残る平城としては最大規模。(写真左上ー北西側から 写真右上ー東側から) 周囲には下幅6−7m・高さ3−4mの土塁が築かれていたと思われますが、現在は北東部に一部 残存するのみ。(写真左・左下・右下) 隅部が幅広になっており、櫓台と思われます。内部からは室町末期作と推定される「本堂伊勢守奥方御手箱 仙北郡本堂城落城慶長六丑年 右之嫡子本堂右近同七年牢人常州松岡城戸沢右京殿ニ奉公」と記された魚藻文沈金手箱が出土しています。