中 ノ 沢 観 音 堂
福島県南会津郡下郷町中妻
 中ノ沢観音堂は大同年間(806−810年)、徳一上人により開基されたと伝えられ、観音堂は鎌倉末ー南北朝期に建てられたと推測されています。御堂は寄棟、銅板葺き、桁行3間、梁間3間の阿弥陀堂様式、本尊の聖観音立像は平安期の作、脇侍の不動明王立像は嘉慶2(1388)年の作とされます。また御堂の基礎部分と本尊に火事の痕跡が見られることから、平安期に建てられた御堂が火事で焼失し、後に再建されたものと推測されています。国指定の重要文化財。   (場所はココです)