妙 義 山 城
長野県塩尻市洗馬
立地・構造
 妙義山城は奈良井川と小曽部部川に挟まれた長興寺山(標高953m)から北東方向に張り出した丘陵ピーク(標高890m 比高150m)に築かれた山城です。城の規模は東西400m×南北300mほど、城縄張りは山頂部に構築された主郭を中心に北東・北西側の稜線、北側斜面に展開されています。主郭の規模は東西40m×南北30mほど、西側縁部にはコ状に土塁が築かれ、丘陵続きになっている西側と支尾根が派生している南東側は堀切で断ち切り、大手筋が想定される北東側稜線は高い切岸で遮り、主郭を完全に独立させています。西側稜線は堀切と段差で仕切られた郭が連郭式の設けられているようですが未確認。なお西側稜線には長興寺山からの尾根がぶつかっていますが、この部分も堀切で処理されているようです。北側斜面に設けられた郭群は段差を利用した帯郭群で、山麓近くまで敷設されているようです。大手口が想定される東麓には現在、釜井庵が建てられていますが、「釜井」はもともと「カマエ」から転訛したものとされ、城主の日常居館が「カマエ」られていたようです。
歴史・沿革
 妙義山城は16世紀初期、洗馬荘の在地勢力三村修理亮忠親により築かれたと伝えられます。伝承によると三村氏は清和源氏多田頼親を祖とし、「承久の乱」(承久3 1221年)の軍功により信濃国洗馬荘の新補地頭に補任され、鎌倉末期頃には洗馬荘に下向して土着したと推測されます。三村氏は洗馬荘入部当初、武居城を拠点とし、応永7(1400)年の「大塔合戦」には三村親継・親光兄弟が大文字一揆方に与して参陣しています。「応仁の乱」(応仁元 1467年)以降、信濃国内は守護家の府中小笠原氏と鈴岡小笠原氏が対立し、伊那・府中平の国人衆は争乱に巻き込まれていきます。そして三村家親・忠親父子は府中小笠原氏に与したため、次第に小笠原氏の家臣団に組み込まれ、軍役を担うこととなります。天文17(1548)年2月、武田晴信が「上田原の戦」で村上義清に敗北を喫すると、同年4月 守護職小笠原長時は仁科・三村・二木・西牧等を率いて武田領になっている諏訪に侵攻します。同年7月、武田勢も諏訪に出陣し両軍は塩尻峠で対峙しました。しかし小笠原勢に与した三村駿河守長親や仁科道外が小笠原長時と意見を異にしたことから戦線を離脱し、このため信濃勢は敗北を喫しました。同19(1550)年、長親は武田晴信が府中を制圧すると武田氏に出仕しましたが、同24(1555)年1月 甲斐に招かれ府中一蓮寺を宿にした際、晴信に送り込まれた甘利勢により誅殺されました。長親殺害の報が洗馬荘にもたらされると三村一族は反武田の一揆を起こしましたが、深志城代馬場美濃守に鎮圧され、三村嫡流は没落しました。その後、洗馬荘は長親の弟で伊深城主後庁氏の養子になっていた出羽守久親が支配し、長親の嫡子長行が久親が養子となり、武田氏滅亡後は府中を奪還した小笠原貞慶に仕えたとされます。妙義山城の廃絶時期は不明ですが、徳川家康の関東移封に小笠原貞慶が同道した天正18(1590)年頃と思われます。
妙義山城  主郭南東側の堀切
メモ
洗馬荘の国人 三村氏の要害
形態
山城
別名
洗馬城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・土橋・堀
場所
場所はココです
駐車場
本洗馬歴史の里資料館
の駐車場借用
訪城日
平成21(2009)年4月20日
妙義山城は洗馬地区背後の丘陵ピークに築かれた山城です。(写真左上) 城へは東麓の釜井庵(写真右上)背後の墓地脇から主郭(妙義山神社)まで登山道が敷設され、迷うことなく登ることができます。(写真左) 登山道に沿った北東側中腹部には相当数の平場が敷設されていますが・・・・・・・(写真左下)、この日 管理人はもうひとつ山城を計画に入れていたため、詳しく見ることもなく主郭を目指しました。中腹部から尾根は急激に傾斜がキツクなり、尾根筋は堀切で断ち切られています。(写真右下) 
釜井庵は三村忠親が妙義山城の日常居館を構えた場所とされ、江戸中期には菅江真澄がこの地に庵を組んだと伝えられます。菅江真澄は秋田に長く逗留した有名な本草学者ですが、信濃にも逗留していたのは知りませんでした。
尾根筋にはつずらおれに登山道が敷設され、複雑に曲折した虎口を通り(写真右上 桝形ポイけどな〜)、前衛陣地と思われる小郭に繋がっています。(写真右) 小郭は規模は小さいものの導線を睨むように敷設されています。でっ、小郭と主郭部は高低差20m前後の巨大な壁で仕切られ(写真左下)、「坂虎口」で主郭東側下の郭に繋がっています。(写真右下) この郭も高低差20mを優位に利用し、導線に対して横矢が掛かる絶好のポイントに位置します。
主郭(写真左上)
規模は東西40m×南北30mほど、現在は妙義山神社が祀られ、社殿背後(西側)にはコ状に土塁の痕跡が確認できます。規模は小さいものの要害性は高く、短期間の籠城には耐えられるでしょう。主郭背後の堀切は7−8m切り落とした豪快なもので堀底には土橋が敷設されています。(写真左) また南東側に敷設された堀切は垂直に3条の竪堀が咬ませたケッコウ面白い形態になっています。(写真右下) 本当は西側稜線の郭も見たかったのですが・・・・・・・・・、次の山城へ向かうため、ここで退却しました。