長 岡 館
岩手県紫波郡紫波町東長岡字館
立地・構造
 長岡館は北上川の中流域、左岸の通称「館山」(標高163m 比高70m)に構築された平山城です。規模は東西250m×南北300mほど。城縄張りは南北に細長い頂部を加工して主郭とし、主郭の周囲を不規則な帯郭で囲み、西側中腹に大手郭(以後、西郭)を設けたシンプルな構造になっています。規模は主郭が東西40−50m×南北140m、西郭が東西60m×南北100mほど、大手筋は西麓からのルートが想定され、西郭の北西部に虎口が設けられています。同地は北上川流域を眺望できる高所に位置しており、物見砦を兼ねた在地領主の日常居館として取り立てられたと思われます。


 築城時期・築城主体ともに不明。館主は陸奥高水寺城主斯波氏の被官 長岡氏とされます。長岡氏は鎌倉初期、紫波の地頭職として入部した鎌倉御家人 河村氏の庶流と伝えられ、南北朝期 斯波直持が「奥州探題」

長岡館概念図
として紫波郡に入部した際、その支配下に組み込まれたと推測されます。天正16(1588)年、南部信直の高水寺攻めが本格化すると、陸奥河村党は分裂して長岡八右衛門詮尹は南部方に寝返り、紫波氏没落後 南部氏に出仕したとされます。天正20(1592)年の『南部大膳大夫分国之内諸城破却共書上之事』には「志和郡之内 長岡 平地破 南部東膳助持分」と記されていて、長岡館はこの時に破却されたようです。なお慶長5(1600)年の「関ヶ原」の際、紫波氏の生き残り 紫波孫三郎は「紫波一揆」を起こして長岡館を乗っ取る計画を画策しましたが、失敗したと伝えられます。
歴史・沿革
長岡館 西側中腹の横堀
メモ
陸奥 紫波氏の被官
長岡氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・堀・虎口
場所
場所はココです
駐車場
城内に駐車スペースあり
訪城日
平成21(2009)年10月29日
平成29(2017)年 4月13日
長岡館は北上川中流域の東岸、東長岡地区南方の通称館山に築かれた平山城です。(写真左上ー西側からの遠景) でっ、館へは北麓から車道が設けられ、ちょうど館山の北東部に史跡標柱が建てられ、ここから未舗装道が敷設されています。(写真右上) でっ、未舗装道を道なりに進むと現在、水道施設が設けられている主郭北側下の郭に辿り着きます。(写真左) 郭の規模は東西40m×南北50mほど、この郭の西ー北ー東側には幅2mほどの帯郭が巻かれています。(写真左下) なお帯郭は主郭の西ー南ー東側に敷設された帯郭に連続しています。(写真右下ー西側下の帯郭)
主郭(写真左上)
規模は東西40−50m×南北140mほど、周囲は高さ3mの段差で区画され(写真右上)、東側に坂虎口らしき導線が見られます。がっ、・・・・・・・・・ 公園整備が徹底されているためどこまでが往時の遺構なのかはまったく不明。主郭は規模も大きく城主の殿舎が構えられていたのでしょう。また主郭からは北上川流域を一望にできます。
西側中腹の郭(写真左・右下ー南東部の祠)
規模は東西60m×南北100mほど、内部は緩斜面を加工した3−4段の段郭群になっています。でっ、この郭の北ー西ー南側は横堀と土塁で区画され、北西部に虎口が設けられています。堀の規模幅5−6m・深さ3mほど。(写真右下)
 
(写真左上) 西側の横堀
 
(写真右上) 北側の土塁、高さ1−1.5mほど
 
(写真右) 北西部の虎口