大巻館
岩手県紫波郡紫波町大巻
立地・構造
 大巻館は北上川東岸の通称館山(標高186m 比高80m)に築かれた山城で、全体の規模は東西100m×南北300mほど。城縄張りは北端の最高所に主郭を配し、主郭から南側になだらかに傾斜する稜線に二の郭・三の郭・四の郭を配置した連郭式縄張りで構築されています。各郭は高い切岸と堀で分断され、二の郭以南の東・南・西側は横堀で囲み、また主郭の東・北・西側は段郭群で処理し防衛ラインラインとしています。規模は主郭が東西30m×南北60m、二の郭が東西20m×南北50m、三の郭が東西30m×南北20m、四の郭は緩斜面を削平した段郭群からなり相当削平の甘い平場ですが、全体の規模は東西50m×南北80mと城内最大の郭になっています。二の郭ー四の郭の周囲に敷設された横堀は幅3−4mほど、郭とは3−5mの切岸が確保され、城道としても利用されたと推測されます。主郭の周囲に敷設された郭群は最大幅10m・段差2−5mで構築され、自然地形に即したため不規則な形態になっていて、特に西側は傾斜がキツイため7−8mと高低差の大きい切岸になっています。大手筋は西麓から南側斜面を通り四の郭に繋がるルートと想定されます。(現在の登山ルートとは別と思われます)
大巻館概念図
歴史・沿革
 築城時期は不明。文治5(1189)年、「奥州藤原攻め」で軍功のあった相模国足柄郡の武士河村四郎秀清は陸奥国岩手郡・斯波郡の北上川東岸を所領として宛がわれ、秀清の子時秀が大巻の所領を継承します。そして時秀の孫季興の代の鎌倉中期頃、拠点として大巻館を築いたと伝えられます。その後、大巻河村氏は岩手・斯波郡内に大萱生・栃内・手代森・玉山・日戸・川口・沼宮内等の庶子家を分知し、有力武士団に成長しました。南北朝期、大巻河村氏は南部氏・雫石氏等とともに南朝方に与して陸奥に下向した鎮守府将軍北畠顕家の指揮下に入りましたが、北朝方として陸奥に下向した斯波氏(斯波家長の子詮経か?)が高水寺を拠点とし、延文年間(1356−60年)頃から河村氏を圧迫するようになると、応永3(1396)年 河村秀基は斯波氏に屈服して斯波氏の家臣団に組み込まれました。元亀年間(1570−73年)頃、南部氏が岩手郡への侵攻を開始すると斯波氏は防戦に終始し、九戸政実の弟弥五朗(後の高田吉兵衛・中野修理亮直康)を娘婿とすることで南部氏と和睦しました。しかし天正14(1586)年、高田吉兵衛が斯波詮直と不和になり三戸へ出奔する事件が勃発すると、南部信直は斯波氏領との「境目」中野館に中野修理を配置して斯波詮直を挑発します。同16(1588)年、詮直は中野館を攻撃しましたが、この間 南部氏の蝶略で斯波氏の家臣岩清水右京がクーデターを起こすと南部勢は南下を開始し、このため斯波氏は敗北を喫して滅亡しました。南部氏南下に際して河村一族は内部分裂して斯波勢には参陣せず、戦後 大巻河村氏は主家斯波氏とともに没落したと伝えられます。
大巻館  東側の横堀
メモ
奥州河村氏の嫡流
大巻河村氏の館城
形態
山城
別名
河村館
遺構
郭(平場)・土塁・堀
場所
場所はココです
駐車場
登り口に路側帯あり
訪城日
平成21(2009)年10月29日
大巻館は北上川の左岸、大巻地区東側の通称館山に築かれた山城です。(写真左上) 全体的にノッペリとした山容した山で麓との比高は80mほど。城へは北西麓の城址標柱のある場所から林道があり、軽四なら中腹まで車で登ることができます。(写真右上 管理人は路側帯に駐車しましたが
・・・・・・・・・・) 登山道は比高差のわりに長い距離で敷設されているため、かなり楽に登ることができ(写真左)、山頂部に入ると西側の横堀に繋がっています。(写真左下 横堀自体は登山道整備のため、縁部の土塁が削られています) でっ、しばらく進み、主郭・二の郭の段差部分(堀?)から主郭に入ります。(写真右下)
主郭(写真左上)
規模は東西30m×南北60mほど、南側縁部には木戸口を兼ねたと思われる高さ1mの土塁が築かれています。北・東側には3−4段、西側には2段の帯郭が巻かれ(写真右上)、北端の郭には神社が祀られています。
二の郭(写真右)
規模は東西20m×南北50mほど、東・西側には腰郭が敷設されています。
大巻城の見どころは周囲に敷設された横堀でしょう。現在は二の郭以南の東・南・西側に見られ、高さ3−5mの切岸が確保されています。(写真左下・右下) 防御施設として構築されたものでしょうが、城道としても利用されたと思われます。
三の郭(写真左上)
規模は東西30m×南北20mほど、二の郭とは幅5−6mの堀で分断されています。高低差のある箇所に敷設されているため浅いものですが、二の郭側は高さ5mの切岸を確保されています。(写真右上)
四の郭(写真左)
三の郭南側の緩斜面を削平して構築した段郭群からなり、相当広い空間になっています。(削平は相当甘いようですが・・・・・・・・・) 郭間は最大3mの段差で区画され(写真左下)、南縁は横堀で締められています(写真右下)