正 院 川 尻 城
石川県珠洲市正院町川尻
立地・構造
 正院川尻城は奥能登内浦(飯田湾)に面した丘陵上(比高25−30m)に築かれた丘城です。規模は東西450m×南北450mほど、城縄張りは主郭(「高要害」)を二郭(「下要害」)ー三郭ー四郭でL字状(北ー西)にカバーし、さらにこの郭群を二重堀(北ー東)で区画した変則的な梯郭式が採用されています。規模は主郭が東西50m×南北100m、二郭が東西40m×南北70m、三郭が東西100m×南北40−50m、四郭が東西60−65m×南北100mほど。なお三郭の北側には五郭が設けられているようです。(未確認) 北ー東側に設けられた二重堀は幅20−30mと巨大なもの。大手導線は北西麓から五郭⇒三郭を経て主郭に繋がるルートと想定され、搦手は北東端に構えられていたようです。な
現地説明板の図
お東外堀の端部にも虎口が設けられていたと思われます。正院川尻城の西側には奥能登内浦では比較的規模の大きい沖積平野が広がっており、基本的には在地領主が開発拠点として築き、後に要害化したものと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主は穴水城主 能登長氏の庶流 川尻(黒滝長)氏と伝えられ、室町期頃 能登内浦に進出して築いたものと推測されます。川尻氏は長氏嫡流が室町幕府の奉公衆をつとめていた頃(室町中期)、室町将軍の親衛隊に属し、能登国守護職 吉見氏や畠山氏から独立した勢力として認知されていましたが、戦国初期 畠山氏が能登に下向し 戦国大名として能登の領国化を画策したため、その影響下に組み込まれました。天正4(1576)年、上杉謙信の「能登侵攻」により七尾城が落城すると、正院川尻城も上杉勢の攻撃を受けて陥落し 川尻氏は没落したものと思われます。その後、正院川尻城には上杉氏の被官で能登長氏の一族 長与一景連が城将として入城し、正院川尻城を拠点に畠山氏の残党勢力鎮圧につとめました。しかし同6(1578)年、謙信死去により越後で「御館の乱」が勃発すると、織田信長は畠山旧臣の遊佐・温井氏と結んで上杉勢力を能登から駆逐します。『能州国司畠山殿伝記』によると正院川尻城からの撤退を余儀なくされた長景連は天正10(1582)年、突如として奥能登に侵攻して棚木城を攻略しています。しかし景連の立て籠もる棚木城は長氏嫡流の九郎左衛門連龍の攻撃を受けて落城し、珠洲方向に落ち延びた景連は川尻村で討死にしたと伝えられます。なお景連の正院川尻城撤退後、正院川尻城には温井兵庫が入城したとされますが、天正10(1582)年の景連の「奥能登再侵攻」により「稲荷山要害」は陥落したと伝えられます。(『能登名跡志』) 正院川尻城の廃絶時期は不明。
歴史・沿革
正院川尻城 主郭
メモ
能登長氏の庶流
川尻(黒滝長)氏の館城
形態
丘城
別名
稲荷山要害・黒滝城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
南東麓の漁港駐車場を借用
訪城日
平成21(2009)年 6月23日
平成30(2018)年10月25日
正院川尻城は奥能登内浦に面した正院町川尻地区北側の丘陵上に築かれた丘城です。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー南側からの近景) 以前は時間の関係でスルーしたのですが、今回は訪城しました。でっ、城へは南東麓の国道沿いに誘導杭が設けられ、ここからアプローチできます。(写真左) 登城路は堀底道になっていて(写真左下)、じきに主郭東側の外堀に繋がっています。(写真右下) 堀の規模は幅25−30mほど、内部は一部 農地に改変されています。ま〜〜〜 周囲との高低差がほとんどないため圧迫感はありませんが、規模は大きいです。
でっ、東外堀を通って たどり着くのが主郭北東側の四郭になります。(写真左上) L字状の郭で規模は東西60−65m×南北100mほど、四郭の西側には南北堀で仕切られ 三郭が設けられています。(写真右上ー内部は藪々・・・・・・・・・) 規模は現地説明板の図によると規模は東西100m×南北40−50mほど、主郭西側の二郭や四郭とともに主郭を防御する外郭だったようです。でっ、三郭・四郭と主郭間は東西堀で遮断され(写真右ー主郭・四郭間の堀 写真左下ー主郭・三郭間の堀)、東方向に延びた堀は主郭の東側にクランクして内堀に変化します。(写真右下) 堀の規模は幅25m・深さ2mほど。
主郭
別名 「高要害」。規模は東西50m×南北100mほど。
東外堀の端部は二股に分かれここにも虎口が設けられていたようです。ちなみに大手は北西端に、搦手は北東端に設けられていたようです。