五 品 嶽 城
広島県庄原市(旧東城町)東城町東城
立地・構造
 五品嶽城は成羽川の右岸、備中・伯耆国の「国境い」 東城盆地西端の城山(標高488m 比高170m)に築かれた山城で、西側の丘陵続きを堀切で遮断して城域を区画しています。城縄張りは尾根を削平して構築した段郭群を基本としたシンプルな構造で、ピークに構築された主郭(「常の丸」)は東西40m×南北20mほど、西側縁部には石積で補強された高さ2.5−3mの土塁が築かれ、側面にも部分的に石積が見られます。主郭の東側には4−5mの段差で「太鼓の平」(二の郭)が配置され、規模は
五品嶽城 概念図
東西50−60m×南北30mほど。端部は主郭の北・南側に回り込む帯郭になり、南側中央に設けられた虎口で主郭に繋がっています。「太鼓の平」から北東・東方向に延びた尾根筋は段郭群で処理され、北東側段郭群の上部西側縁部には高さ1.5−3mの土塁が築かれています。また東側段郭群は10m前後の切岸で区画された郭群からなり、規模も20−30m四方とかなり広い郭群からなっています。大手筋は北東麓から東側段郭群を経て 北東側段郭群 ⇒ 「太鼓の平」 ⇒ 主郭に繋がるルートが想定されます。北東側尾根・東側尾根に挟まれた谷地上部には「カヤの平」と称される郭が敷設され、ここには井戸祉が残っていることから水の手郭と想定されます。城山の山麓部分にも「杉の平」・「物見ヶ丸」と称される郭が構築され、往時は全山要塞化されていたものと思われます。城からは北 ー 東 ー 南側に180°眺望が利き通常は物見として機能していたと思われますが、主郭・「太鼓の平」の規模が比較的 広い平場になっていることから有事の際には「詰の城」として利用されていたのでしょう。また北東側段郭群や「カヤの平」の西側縁部に土塁が構築されていることから、北から西側を意識して防御ラインが構築されていたものと思われます。

 築城時期は不明。『久代記』によると大永・享禄年間(1521−32年)頃、久代比田山城を拠点にしていた宮(久代)景友により築かれたとされます。宮氏の出自については諸説あり不明ですが、吉備津神社社家の一族とする説が有力で、南北朝期 宮氏は北朝方に加担して亀寿山城を拠点に備後国北東部に勢力を拡大したと伝えられます。久代宮氏はこの宮氏の庶流とされ、大和国宇陀郡を支配していた宮利吉が明徳2(1391)年に勃発した「明徳の乱」で山名民部少輔氏清方に加担したため乱後 所領を没収され、応永6(1399)年 備後国久代に移住したとされます。久代宮氏は代々上総介を称し、景友の代には尼子氏に与して宮氏惣領家の所領を押収して奴可郡全体に勢力を拡大させ、この頃 五品嶽城が築かれたものと推測されます。景友の嫡子 高盛は天文2(1533)年、大富山城を築いて拠点を移すと、五品嶽城には被官の渡辺七郎左衛門尉を据えました。その後、高盛の次男 上総介景盛の代に久代宮氏は勢力を拡大する毛利氏の支配下に入ります。天正18(1590)年、豊臣秀吉の「小田原の役」に際して宮広尚は軍役負担を軽減しようと所領を過小申告したことが発覚し、このため出雲国塩谷(または伯耆国日野)へ移封され、大富山城には天野新兵衛尉元嘉が入城、翌19(1591)年 五品嶽城には石見国から佐波越後守広忠が転封しました。慶長5(1600)年、「関ヶ原」で毛利輝元は西軍に与したため戦後 防長二州に減封され、佐波広忠は毛利氏に同道して萩に移りました。毛利氏退去後の安芸・備後国には福島正則が入封し、五品嶽城には福島家の家老 長尾隼人正一勝が入城しましたが、元和元(1615)年の「一国一城令」により廃城。
歴史・沿革
五品嶽城 主郭背後の石積
メモ
久代宮氏の要害
形態
山城
別名
 五本竹城・世直城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・石積・井戸祉
場所
場所はココです
駐車場
北麓の●●寺駐車場借用
訪城日
平成21(2009)年3月19日
五品嶽城は成羽川の右岸、東城盆地を見下ろす城山に築かれた山城です。(写真左上) 城へは北東麓の県道脇に五品嶽城への案内杭が設置され(写真右上)、ここから登るとまずは世直神社に辿り着きます。(写真左) でっ、城へは世直神社から登山道が整備され、道の途中には城址碑と簡単な説明板が建てられています。(写真左下) でっ、登山道をしばらく登ると「カヤの平」の高い切岸が見えてきます。(写真右下)
「カヤの平」(写真左上)
尾根に挟まれた谷地状の郭で、東西2段に削平されています。北側は尾根を削り残した土塁で処理し、上段には径1−1.5mの井戸祉が残っています。(写真右上)
「ケヤキが平」(写真右)
規模は20m四方ほど、西側縁部には高さ1.5−3mの土塁が削り残されています。
「太鼓の平」(写真左下)
主郭の北東側下に位置し規模は東西50−60m×南北30mほど。主郭とは4−5mの段差で区画され、端部は主郭の北・南側に廻り込む帯郭になっています。(写真右下)
主郭(「常の丸」
規模は東西40m×南北20mほど、虎口は南東部に設けられ(写真右上)、内部には井戸祉が残存しています。(写真左) また西側縁部には石積で構築された高さ2.5−3mの土塁が築かれています。(写真左下) 石積自体は主郭(内)側は相当崩落していますが、背後は良好に残存し(写真右下)、佐波氏・福島氏時代の遺構と推測されます。土塁の西側の丘陵鞍部は20m切り落とした堀切で処理されています。なお雑木が多く眺望は効きませんが、往時は東城盆地を一望にできたのでしょう。ま 〜〜〜、恒常的な居住空間ではないようです。
管理人は「太鼓の平」から東側尾根に構築された段郭群を通り下山しました。驚いたことに この段郭群はかなり高い切岸(高さ10−15m 写真左上)で区画され、郭(写真右)の規模(20−30m四方)も思ったより大きいです。本来の大手筋は南東麓からこの段郭群を経て主郭に繋がっていたのかも。
a_btn102.gif