叶 津 番 所
福島県南会津郡只見町叶津
 叶津番所は古くは戦国期の天正16(1588)年、横田中丸城主山之内氏勝が越後に繋がる六十里越街道を扼する関所として設けられたとされます。その後、江戸初期の会津加藤藩時代(1627−1643年)に会津加藤藩は役人を叶津に派遣し、この際 叶津村の名主長谷部六左衛門が番人に任命され、以降 長谷部家が口留番所の執務一切を執り行いました。この間の宝永元(1704)年、番所の傷みがひどくなったため番所は長谷部家住宅に移されました。福島県指定重要文化財。   (場所はココです)
 旧長谷部家住宅
 旧長谷部家住宅
 五十嵐家住宅
五十嵐家住宅は享保3(1718)年4月、滝口大作なる人に建てられた本百姓屋敷です。構造は桁行七間、梁行四間、中央に広い土間を持つ三間取の直屋構造。昭和47(1972)年、国の重要文化財に指定。