小森館
秋田県北秋田市(旧鷹巣町)小森
立地・構造
 小森館は鷹ノ巣盆地の南東部、小森川と小猿部川に挟まれ、北西方向に延びた低丘陵先端(比高10m)に築かれた丘城です。城の規模は東西250m×南北70mほど、東側の丘陵続きを堀切で断ち切って城域を区画しています。同地は米代川南岸の沖積平野を一望にできることから、開発領主の拠点として築かれた居館と思われます。現在、館内部の大部分は耕作地になっていて、西端に小森八幡が祀られています。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。比内浅利氏に与した村落領主の居館と推測され
ます。慶長8(1603)年には「比内郡小森村に浅利氏の残党蜂起して頗る騒擾し云々
『佐竹義成君略伝』)と佐竹氏の秋田入部に反対する一揆がおこっています。 
歴史・沿革
小森館  南西側からの遠景
メモ
・・・・・・・・・
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車(空地あり)
訪城日
平成25(2013)年5月12日
小森館は小森地区北側の低丘陵上に築かれた丘城です。(写真左上ー北東側からの遠景 写真右上ー南西側からの遠景) 館のある丘陵は南東から北西方向に張り出したもので、北・西・南側は高さ10mの段丘崖になっています。(写真左ー北側の崖 写真左下ー南側の崖) でっ、丘陵続きになっている東側稜線は堀切で断ち切っていたと思われ、現在は車道になっています。(写真右下)
本郭の規模は東西250m×南北60−70mほど、大部分が耕作地になっていて(写真左上)、西端に小森八幡が祀られています。(写真右上) 比較的規模が大きいため、もしかしたら複数の郭に分割されていたのかも。(痕跡はないようですが・・・・・・・・)