小勝田館
秋田県北秋田市(旧鷹巣町)脇神字館野
立地・構造
 小勝田館は鷹ノ巣盆地の中央西部、米代川南岸の河岸段丘上(比高15−20m)に築かれた平城(丘城)です。館は比較的広大な段丘面の北東端に構築され、規模は東西120m×南北150mほど、北・東側は段丘崖で画し、南側は堀で仕切って館を独立させていたと思われます。(西側は開墾等により遺構が消滅しています) 堀の規模は幅10m・深さ2mほど、現在は西側に50mほど残存しています。 同地は米代川が形成した沖積平野(鷹巣盆地)を望む高所に位置しており、基本的には水田開発の拠点として築かれた村落領主の日常居館と思われます。

 築城時期は不明。館主は比内浅利氏の被官小勝田氏と伝えられ、天文年間(1532−5
5年)の『浅利則頼侍分限帳』(「佐藤文書」)には「高御知行之分 稲知行ノ部 知行弐百刈 御台所役 小勝田伝兵衛」と記されています。 
歴史・沿革
小勝田館  南側の堀祉
メモ
比内浅利氏の被官
小勝田氏の居館
形態
丘城(平城)
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀祉
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月12日
小勝田館は米代川の南岸、小ヶ田地区背後の丘陵上に築かれた平城です。(写真左上ー北西側からの遠景) でっ、周囲のほとんどは圃場整備事業により開墾され、杉林のあたりが小勝田館になります。(写真右上ー南西側からの遠景) 管理人は南側からアプローチしましたが(写真左)、進行方向の右側に堀らしきものを発見!!!。(写真左下) 「これって堀じゃネッ」と思いながら窪地に沿って移動したところ、堀祉を発見!!!。(写真右下) 規模は幅10m・深さ2mほど、50mにわたって残存し、小勝田館の南縁を画したものだったのでしょう。
本郭部分の規模は東西120m×南北150mほど、内部は一部 開墾されていますが、大部分は荒地になっています。(写真左上) でっ、西側の塁線は周囲の水田面より1.5−2mほど高くなっていますが、この部分ってどういうふうに処置されていたのか?。(写真右上)