妹尾館
秋田県北秋田市(旧鷹巣町)七日市字長根沢
立地・構造
 妹尾館は鷹ノ巣盆地の北東端、小猿部川中流域の北から南側に張り出した舌状台地先端(比高20−25m)に築かれた丘城です。城の規模は東西160m×南北150mほど、内部は突端に構築された主郭を中心に、主郭の西から北側に幅5−10mの帯郭を敷設し、さらに帯郭の北側に副郭を配したシンプルな構造になっています。規模は主郭が東西130m×南北60m、副郭が東西90m×南北50−60mほど。大手筋は北東側のルートが想定さ
妹尾館概念図
れます。同地は小猿部川が鷹ノ巣盆地に流入する谷口に位置し、村落領主の日常居館として築かれたと推測されます。

 築城時期は不明。館主は比内浅利氏与した村落領主妹尾氏とされ、天文年間(1532−55年)の『浅利則頼侍分限帳』には「納戸番 妹尾嘉左衛門 四十石」と記されています。 
歴史・沿革
妹尾城  主郭に祀られる太平山石祠
メモ
浅利氏の被官 妹尾氏の居館
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀祉?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月12日
妹尾館は小猿部川中流域の北岸、妹尾館地区西側の小高い丘に築かれた丘城です。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、館は東西を沢に仕切られ南側に張り出した丘陵突端に築かれていて、北側の車道が稜線を切った堀祉なのでしょう。(写真右上ー東側の沢 写真左ー西側の沢 写真左下ー北側の車道・堀祉か?) でっ、館へは北東側の車道脇に八幡神社の鳥居が設けられていて、ここから参道が敷設されています。(写真右下)
館内部は突端に構築された主郭(上段)を中心に北から西側に帯郭を巻き、その下(北)に5−6m切り落として下段郭(副郭)を敷設したシンプルな構造。でっ、下段郭の規模は東西90m×南北50−60mほど、内部は不規則に加工されています。(写真左上) 主郭の北から西側をカバーした帯郭は幅5−10mほど、主郭とは2−3mの段差で仕切られ、北東端に八幡神社が祀られています。(写真右上・右)
主郭(写真左下)
規模は東西130m×南北60mほど、内部はケッコウ藪っていますが、驚くほど広大です。西から北西側には1.5mの段差で幅5−6mの導線と思われる窪地が見られます。(写真右下)
(写真左) 主郭に祀られる太平山石祠