脇神館
秋田県北秋田市(旧鷹巣町)脇神
立地・構造
 脇神館は鷹巣盆地の南部、小猿部川左岸の沢に挟まれ南から北方向に張り出した河岸段丘突端(比高30m)に築かれた平山城で、南側の丘陵続きを堀で分断して城域を区画しています。城の規模は東西70m×南北200mほど、内部は東西堀で仕切られた南北の2郭構造だったようです。現在、城址を分断するように空港道路が建設されているため、南側の郭の一部しか訪城していませんが、『秋田県の中世城館』によると北側の郭の規模は東西30m×南北50mほど、丘陵続きを分断した堀は幅5−6m・深さ1.5−2mほど。同地は鷹巣盆地の南部、小猿部川・小森川沿いの沖積平野を一望にできる高所に位置します。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。伝承によると津島某なる者が拠した居館とも。『浅利則平領内村数覚書』(「秋田家文書」)には
「わき神 田畠家十五、まえハ八十 あれ文禄四年とりあいニ従當年ハ少し毛付申候 秒よりなてきりの所」と記され、安東氏と浅利氏の抗争により80戸あった家が15戸に減少する被害を受けています。中世比内浅利氏の支配下にあった村落領主の日常居館と思われます。
歴史・沿革
脇神館  南側の空堀土橋
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成26(2014)年4月16日
脇神館は脇神地区から小猿部川を挟んだ南西側の丘陵上に築かれた平山城で、現在 城址を東西に縦断するように空港道路が建設されています。(写真左上ー東側からの遠景 写真右上ー南東側からの遠景) でっ、管理人は南側の林道から城址へアプローチし(写真左)、しばらく進むと丘陵部を分断した堀に辿り着きます。(写真左下) 堀の規模は幅5−6m・深さ1.5−2mほど、城址を独立させた堀にしては規模は比較的小さく、中央には土橋の痕跡が確認できます。(写真右下) また西縁にも土橋が確認できますが、幅5−6mと規模が大きく、また場所が不自然なため、たぶん後世に改変されたものなのでしょう。
西側縁部の土橋 内部は東西堀で仕切られた2郭構造になっていたようですが、現在 城址を縦断するように空港道路が建設されているため、管理人が訪ねたのは南側の郭になります。(北側の郭には行っていません)