広 瀬 城
岐阜県高山市(旧国府町)国府町名張
立地・構造
 広瀬城は古川盆地の南西部、宮川左岸の西から東方向に張り出した稜線突端(標高618m 比高100m)に築かれた山城で、西側の稜線鞍部を掘り切って城域を独立させています。規模は東西500m×南北200mほど、城縄張りは東西に延びた稜線の3つのピークを中心に展開され、ピークには東から東郭ー主郭ー西郭が構築され、周囲には帯郭・腰郭群が敷設されています。規模は主郭が東西60m×南北50−55m、東郭が東西30×南北20m、西郭が東西25m×南北20mほど、各郭は稜線を加工した通路状の細長い郭で繋がり、主郭のみ高い切岸と巨大な堀切で独立性を高めています。大手筋は北麓の谷戸からのルートが想定されています。広瀬城の特徴は西郭の周囲を執拗に切り刻んだ30条弱の畝状竪堀群でしょう。(東郭の北側斜面も見られます) 畝状竪堀は西郭下に敷設された横堀から放射状に穿たれ クリックすると拡大します
現地説明板の図
ており、西側稜線あるいは北西側を意識して敷設されたたものと思われます。広瀬城は高山盆地と古川盆地を繋ぐ狭隘地を望む高所に築かれ、また古川盆地側の谷口に位置していることから、軍事・軍略的な要請から築かれた古川盆地勢力の城館と推測されます。

 広瀬城は天文年間(1532−55年)頃、飛騨の在地国人 広瀬左近将監利治により築かれたと伝えられ、もともと広瀬城は広瀬氏の本城 高堂城の支城とされます。広瀬氏は藤原北家魚名流 藤原利仁を祖とし、鎌倉期 この地に下向土着した地頭職・地頭代と推測され、のちに国府周辺に勢力を拡大して有力国衆に成長したものと思われます。康暦元(天授5 1379)年、将軍 足利義満は広瀬氏の所領を没収して山城国醍醐寺の子院 理性院に寄進しており、南北朝期 広瀬氏は南朝方に加担していたものと思われます。「南北朝合一」後の応永18(1411)年、飛騨国司 姉小路家の内訌(「小島家」 vs 「古川家」)から「古川家」 姉小路宰相入道尹綱は古川城で兵を挙げます。(「応永 飛騨の乱」) この際、広瀬常登入道は尹綱方に加担しましたが、幕府が派遣した討伐軍によりは鎮圧され、尹綱と常登入道は討死しました。また常登入道の子 徳静入道が幕府方に参陣したため、戦後 広瀬氏の所領は徳静入道に安堵されています。「応仁の乱」(応仁元 1467年〜)以降、飛騨では国司 姉小路氏と守護職 京極氏の勢力が衰退し、北飛騨の高原諏訪城主 江馬氏、中飛騨の高堂城主 広瀬氏、南飛騨の桜洞城主 三木氏の国衆が勢力を拡大し、広瀬城が広瀬左近将監利治により築かれたのはこの頃と推測されます。天正10(1582)年、飛騨に影響力をもつ甲斐武田氏が滅亡、同年6月 織田信長が「本能寺」で横死すると、高原諏訪城主 江馬常陸介輝盛は飛騨一統の好機と捉えて三木侍従自綱(姉小路中納言)との決戦を決意しました。同年10月、高原勢を率いた江馬輝盛は古川盆地に侵攻しましたが、小島姉小路時光、広瀬山城守宗域(むねくに)と結んで これを迎撃した三木勢に敗れ、輝盛は討死しました。(「八日町の戦」) 戦後、飛騨を統一した自綱は さらに飛騨の国衆討伐に動き、翌11(1583)年には宗域と結んで小鷹利城を急襲し、牛丸又衛門親綱を越前に追い落としています。しかし同12(1584)年、自綱は宗域を松倉城に招いて謀殺して広瀬氏の所領を奪い取りました。この際、宗域の嫡子 兵庫頭宗直は越前大野城主 金森兵部卿長近を頼って越前に遁れています。同13(1585)年の「富山の陣」後、羽柴秀吉は金森長近に佐々成政方に加担した三木討伐を命じます。同年、長近は飛騨侵攻を開始しましたが、この陣には広瀬宗直も参陣し、金森勢の先導をつとめたとされます。同年、自綱の降伏により討伐戦は終結し、戦後 長近は飛騨国主となりました。しかし広瀬氏の本城 高堂城は宗直に返されることなく廃城。さらに長近が飛騨国衆を圧迫したため、宗直は一揆を起こします。しかし一揆勢は金森勢に討伐され、宗直は近江に逃れたと伝えられます。
歴史・沿革
広瀬城 主郭西側の堀切
メモ
中飛騨の有力国衆
広瀬氏の要害
形態
山城
別名
 田中城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・
畝状竪堀
場所
場所はココです
駐車場
北西麓の埋蔵文化センターの駐車場借用(申し出れば借用可能です)
訪城日
平成17(2005)年5月28日
平成31(2019)年4月18日
広瀬城は古川盆地の南部、宮川西岸の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー北西側からの遠景 写真右上ー現地説明板の図) でっ、城山は高山盆地から古川盆地に繋がる宮川沿いの狭隘地を望む、古川側の谷口に位置します。城へは北西麓の埋蔵文化センター(19年4月現在、埋蔵文化センターは他へ移動しています)から山道が設けられ、途中にはいくつか誘導杭が設けられ 迷うことなくアプローチできます。(写真左ー北西麓の誘導杭) でっ、広瀬城の大手は北側の谷戸に開き(写真左下)、城山へは獣除け用の柵から山道が設けられています。(写真右下)
でっ、北麓の谷戸からのルートが大手筋と想定され、途中には木戸口らしきものも見られます。(写真左上・右上ー木戸口か?) また途中の中腹には田中筑前守の墓所も見られます。(写真右) 田中筑前の出自は不明、広瀬城の城代をつとめた広瀬氏の被官なのでしょう。ちなみに広瀬城の別名は田中城です。でっ、このあと山道(大手導線?)は馬場を経て、主郭・西郭間の東西に細長い通路状の郭に繋がっています。(写真左下ー馬場 写真右下ー通路状の郭) 規模は馬場が東西10−25m×南北40−45m、通路状の郭が東西80m×南北10−15mほど。でっ、管理人は ここから まずは西郭を目指しました。
通路状の郭と西郭の高低差は10mほど、この間 西郭の東側斜面は2段の段郭群に加工され(写真左上)、西郭に繋がっています。(写真右上) でっ、たどり着いた西郭の規模は東西25m×南北20mほど、西側下に腰郭が1段敷設されています。
よくまとまった広瀬城最大の見どころは馬場の西側斜面から西郭の北ー西ー南側斜面に敷設された約30条の畝状竪堀群でしょう。(写真左・左下) でっ、竪堀は西郭・馬場から4−5m下に巻かれた横堀から放射状に敷設されています。残存状態は良好で、下草が少ないため確認しやすいです。必見です!!!。でっ、このあと管理人は通路状の郭を経て主郭を目指しました。(写真右下)


主郭の西側斜面は高さ10m弱の切岸に加工され、巨大な堀切で処理されています。(写真左上・右) また通路状の郭側には低めの土塁が築かれ(写真左下)、堀底は南北斜面の竪堀となっています。


主郭(写真左上)
城山の最高所に築かれたL字状の郭で規模は東西60m×南北50−55mほど。周囲は高い切岸で加工され(写真右上ー東側の切岸)、南側には数段の段郭群が配されています。(写真左)
 
主郭・東郭間は痩尾根を加工した通路状の郭で繋がっています。(写真左下・右下) 規模は東西40m×南北10−20mほど、主郭とは高さ10m弱の切岸で画され、東郭との結束部分には虎口と思われる浅い堀切が見られます。
(写真左上) 虎口か?
 
東郭(写真右上)
城山の東端ピークに築かれた郭で規模は東西30×南北20mほど、内部には城址碑が建てられています。(写真右) でっ、周囲は3−4m切り落とした幅5m前後の帯郭で囲い(写真左下ー北側の帯郭 写真右下ー南側の帯郭)、北側斜面には10条弱の畝状竪堀群が敷設されています。また ここからは宮川沿いの狭隘地を望むとともに古川盆地が一望にできます。(左から姉小路氏の古川城野口城小島城
(写真左上) 東郭北側斜面の畝状竪堀群
規模は小さいものの、魅せる要素もたぶんにあったのでしょう。
 
(写真右上) 北側稜線を断ち切った堀切
規模は幅7−8m・深さ4−5mほど、堀底は西側斜面を下る竪堀となり、大手導線まで伸びています。
 
ー 動画 広瀬城を歩く ー