広 瀬 城
岐阜県高山市(旧国府町)国府名張
立地・構造
 広瀬城は古川盆地の南部、宮川左岸の丘陵突端(標高618m 比高100m)に築かれた山城です。城の規模は東西500m×南北200mほど、城縄張りは東西稜線の3つのピークを中心に展開され、ピークには東から二の郭・主郭・三の郭(物見郭)が構築され、周囲には帯郭・腰郭が敷設されています。各郭の規模は主郭が40m四方、二の郭が東西20m×南北15m、三の郭が東西20m×南北10−15mほど、各郭は尾根で繋がり、主郭のみ東西稜線
現地説明板の図(下が北方向)
を堀切で断ち切って独立性を高めています。大手は北麓からのルートが想定され、このため北側斜面は段郭群で処理されています。広瀬城の特色は三の郭の周囲に執拗に穿たれた畝状竪堀群でしょう。この部分のみ約30条弱の竪堀が集中的に穿たれており、西側稜線あるいは北西側を意識して敷設されたたものと思われます。

 広瀬城は天文年間(1532−55年)頃、飛騨の在地勢力 広瀬左近将監利治により築かれたと伝えられ、もともと広瀬城は広瀬氏の本城高堂城の屋敷城(居館か?)とされます。広瀬氏の出自は不明、鎌倉期にこの地に土着した地頭・地頭代が国府周辺に支配を拡大した在地領主と推測されます。応永18(1411)年、飛騨国司 姉小路(古川)尹綱が室町将軍義持に対して兵を挙げた「飛騨の変」(姉小路氏の内訌 小島氏 対 古川氏)で、広瀬常登入道は姉小路古川氏に加担しましたが、幕府軍に攻められ戦死し広瀬氏は衰退しました。以後、広瀬氏は室町幕府から白眼視されましたが、戦国期まで所領を守りぬきました。「応仁の乱」(応仁元 1467年〜)後、飛騨では国司 姉小路氏と守護職 京極氏の勢力が衰退し、北飛騨の高原諏訪城主江馬氏・中飛騨の高堂城主広瀬氏・南飛騨の三木氏の国人層が勢力を拡大し、広瀬城が築かれたのはこの頃と推測されます。天正10(1582)年、甲斐武田氏滅亡・織田信長の横死でにわかに時代は急展開を見せます。天正11(1583)年、高原諏訪城主江馬輝盛は飛騨統一の好機と捉え、三木自綱との決戦を決意しましたが、対する三木自綱は広瀬宗域・小島姉小路氏と連合して江馬勢を迎え撃ち、「八日町の戦」で江馬輝盛を討ち取り勝利を得ました。そして三木自綱は飛騨最大の勢力となり、翌年(1584年) 宗域を松倉城に招いて謀殺して広瀬氏の所領を奪い取りました。この際、宗域の嫡子宗直は越前大野城主金森長近のもとに逃れました。天正13(1585)年、羽柴秀吉は姉小路(三木)自綱討伐の軍を起し、秀吉の命を受けた金森長近が飛騨に侵攻しましたが、この陣には広瀬宗直も加担し金森勢を先導して、高堂城を守る三木勢を攻略しました。しかし高堂城は広瀬氏に返されることはなくそのまま廃城となったようです。その後、飛騨の領主となった長近は飛騨国人衆を圧迫しはじめたため、不満を抱いた広瀬宗直は江馬時政らとともに金森氏に対して一揆を起しましたが、長近の養子 金森可重に討伐され、江馬時政は討死し、広瀬宗直は信濃から近江へと落ち延び、後に井伊氏に仕えたと伝えられます。
歴史・沿革
広瀬城 主郭西側の堀切
メモ
飛騨の国人 広瀬氏の要害
形態
山城
別名
 田中城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・
畝状竪堀
場所
場所はココです
駐車場
北麓の埋蔵文化センターの駐車場借用(申し出れば借用可能です)
訪城日
平成17(2005)年5月28日
広瀬城は古川盆地の南部、宮川西岸の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上) 城山は高山盆地から古川盆地に繋がる狭隘地の古川側の谷口に位置します。でっ、城へは北麓の埋蔵文化センターから山道があり、管理人はまずは二の郭を目指しました。(写真右上)
二の郭(写真左)
規模は東西20m×南北15mほど、周囲には幅5−6mの帯郭が巻かれています。(写真左下) 北・南側に派生した支尾根は段郭で潰されています。(写真右下) 北方向には宮川が貫流する古川盆地が一望にできます。
(写真左上) 二の郭から古川盆地を望む
 
二の郭から主郭へは痩尾根を削平した通路状の小郭になっています。(写真右上) でっ、主郭側は10m切り落とした急峻な断崖になっていて、下部は竪堀をともなった堀切で処理されています。(写真右・左下)
主郭(写真右下)
城内最高所に位置し、規模は長辺40mの逆L字型の郭。東・北・西側は高い切岸で削崖され、南側下に一段 腰郭が配置され南側稜線に備えています。
主郭の西側も堀切で切られています。(写真左上・右上) 堀自体は浅いものの主郭側は高さ7−8mの高い切岸になっています。
主郭・三の郭間は幅15−20mほどの尾根を削平した長細い郭に加工されています。(写真左) でっ、南・北側斜面は帯状の桟敷段で処理され、北側下には南北に細長い平場が敷設されています。ま〜〜〜、武者溜のような空間だったのでしょう。西側は虎口郭を経て三の郭に繋がっています。(写真左下)
三の郭(写真右下)
規模は東西20m×南北10−15mほど、物見郭と伝えられています。
よくまとまった広瀬城最大の見どころは三の郭の北・西・南側斜面に執拗に敷設された畝状竪堀群でしょう。竪堀は三の郭から4−5m下に巻かれた横堀(写真左上)から放射状に敷設されています。(写真右上・右) 残存状態は良好で、下草が少ないため確認しやすいです。必見です!!!。