松 倉 城
岐阜県高山市松倉山
立地・構造
 松倉城は高山盆地を見下ろす松倉山(標高856m 比高280m)に築かれた山城で、ピーク部分に石垣で構築された中枢部を有する山城としてはレアな中世城郭です。城縄張りはピーク部の本丸を帯郭で囲み、東側に二の丸、西・南側に三の丸を敷設させたシンプルな構造になっています。規模は本丸が15−20m四方、二の丸が東西30m×南北10−15m、三の丸が東西50m×南北10−20mほど、全体(城中枢部)の規模は東西120m×南北60mほどと規模はそれほど大きくはありません。特徴的なのは中枢部の周
現地案内板の図
囲にほぼ100%構築された石垣で、中世に一般的だった野面積に近い構造ですが、角部には加工したと思われる石塁を使用し、また隙間には詰石がなされるなど、中世城郭から近世城郭に大きく変化する転換期の城郭と推測されます。大手筋は北東麓からのルートが、搦手は西側尾根が想定され、尾根筋は堀切で遮断されています。本丸を中心とした中枢部は比較的狭く、あくまで有事の際の「詰の城」・物見の城として機能したと考えられます。

 松倉城は戦国末期、飛騨を支配した在地勢力三木自綱(よりつな)(後に姉小路を称する)により築かれたとされます。戦国期、飛騨国は北飛騨は高原諏訪城主江馬氏が南飛騨は新興勢力の三木氏が支配していました。三木氏の出自は不明ですが、もともと飛騨国守護職 京極氏の被官で、室町初期に飛騨に在地官人として下向したと推測されます。三木氏が頭角を現すのは応永18(1411)年に勃発した「飛騨国司 姉小路氏の内訌」で、この時 飛騨国司 姉小路尹綱(古川氏)は小島姉小路氏(小島氏)と対立し、小島城・向小島城を攻撃します。室町幕府は飛騨国守護職 京極高光に尹綱討伐を命じ、この内訌を契機に三木氏は次第に勢力を拡大したと推測されます。天文年間(1532−55年)頃、高原諏訪城主江馬時盛は甲斐の武田氏に属して南侵し、飛騨国司 姉小路氏を攻め滅ぼして中飛騨をほぼ制圧します。しかし元亀3(1572)年、上洛途上の武田信玄が死去すると、時盛の嫡子輝盛は武田支配から離脱して越後上杉氏と誼を結びました。しかし天正6(1578)年、上杉謙信が死去し飛騨から上杉勢力が撤退すると、江馬氏は後ろ盾をなくし孤立します。この間、三木自綱は織田信長と結んで勢力の安泰を図り、天正7(1579)年頃に松倉城を築いたとされます。天正10(1582)年、「本能寺の変」で織田信長が横死すると、江馬輝盛は後ろ盾のなくなった三木氏と対決すべく行動を起こし古川盆地に侵攻しました。武力衝突は八日町周辺で行われ(「八日町の戦」)、輝盛が討死した江馬軍は三木軍に敗れ高原諏訪城も落城しました。この戦闘で三木自綱は江馬氏を滅亡させ、翌年には小島城主小島氏・鍋山城主鍋山氏等の国人領主を滅ぼして飛騨を統一しました。その後、自綱は北の庄城主柴田勝家・富山城主佐々成政とんで羽柴秀吉と対立しましたが、天正13(1585)年 秀吉の命を受けた越前大野城主金森長近が飛騨を侵攻すると、自綱は松倉城に籠城するものの金森勢に降伏し松倉城は陥落しました。飛騨鎮圧後、飛騨には長近が入封して松倉城に入りましたが、すぐに高山城の築城に取り掛かり、完成後 松倉城は廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
松倉城 本丸西側の石垣
メモ
飛騨の国人 三木氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台・石垣・虎口・旗立岩・堀・井戸祉
場所
場所はココです
駐車場
搦手登り口前に
駐車スペースあり
訪城日
平成18(2006)年5月30日
平成21(2009)年6月25日
松倉城は高山市街地の南西側、松倉山に築かれた山城です。(写真左上) 城へは北麓の「飛騨の里」から松倉観音方向に林道を進み、峠から尾根に沿った遊歩道が城まで整備されています。(写真右上・左) 遊歩道を10分弱進んだところで、尾根筋を遮断した小規模な堀切が現れ(写真左下)、さらに進むと三の丸の石垣が見えてきます。(写真右下)
三の丸(写真左上)
本丸の西・南側をカバーしたL字状郭で、規模は東西50m×南北10−20mほど。側面は石垣で構築され(写真右上)、西端には櫓台と思われる高台が築かれています。(写真右) 東側は高低差を持って二の丸に繋がっています。
 
松倉城の最大の見どころは、やはり本丸を含む中枢部に構築された石垣でしょう。その中でも本丸周囲の石垣は群を抜いて良好に残存しています。石垣構築に関しては織豊系の色彩が濃く、築城当時 三木氏と同盟していた織田勢力の影響を受けたのものなのでしょう。(写真左下・右下)
二の丸(写真左上)
本丸の東側下、大手筋に位置する郭で、規模は東西30m×南北10−15mほど、南側側面には石垣が見らえます。(写真左) 南東側には旗立岩と呼ばれる大岩があり(写真右上)、岩に隣接して大手門が構えられていました。(写真左下) でっ、大手門の手前には小郭が設けられ、径1−1.5mの井戸祉が残存しています。大手筋はここから段郭群(写真右下)を経て北東麓の大手口に繋がっていたようです。
二の丸から本丸への導線は、本丸の南東端(写真左上)から帯郭(写真右上)に登り、ここから南側中央に構えられた虎口に繋がるように設定されています。(写真左) 虎口は石積で構築された土塁で区画され、小規模な枡形構造になっています。
 
本丸(写真左下)
松倉山山頂部に位置し、規模は15−20m四方ほど。西・南側には帯郭が巻かれていますが、全体の規模はそれほど広い平場ではないようです。主郭は高山盆地から古川盆地まで一望できる要衝地です。(写真右)