高 山 城
岐阜県高山市城山、神明町(高山城山公園)
立地・構造
 高山城は高山盆地の中央部、宮川と江名子川に挟まれ北方向に張り出した丘陵突端(通称 城山 比高100m)に築かれた平山城です。規模は東西450m×南北600mほど、山頂部を加工した本丸を中心に南側下に南の丸を、北麓に二の丸・三の丸を配したシンプルな構造になっています。規模は本丸が東西100m×南北40m、二の丸の庭樹院殿屋敷が100m四方、二の丸屋形が東西100m×南北80m、三の丸が東西100m×南北120m、南の丸が25−30m四方ほど。また本丸から北東方向に延びた稜線は東北曲輪・中段屋形の段郭群に加工されています。本丸は東西2段の複郭構造になっていて、西上段には本丸屋形や二層三階の天守櫓が、東下段には横櫓・太鼓櫓・十間櫓・十三間櫓が曲輪全体に構築され、北側に搦手門が南側に大手表門が設けられていました。二の丸は若干 段差のある東西の複郭構造。東側の郭には庭樹院殿屋敷が設けられ、北東隅に鬼門櫓が、南東側縁部に東丸長屋、裏門が設けられ、南西隅に大門が構えられていました。また西側の郭には二の丸屋形、黒書院、十間櫓が設けられ、東側に設けられた中の口門で庭樹院殿屋敷と繋がっていました。三の丸には米蔵や勘定場が設けられ、北 ー 東側には濠が巡っています。大手筋は二の丸唐門 ⇒ 塩蔵曲輪 ⇒ 南の丸 大手門に繋がる西側ルートが想定され、南の丸から本丸への導線は大手二の門 ⇒ 大手三の門で2度 クランクさせて本丸表門に繋げています。なお高山城下は
現地説明板の図 下が北方向
高山城の北麓に設けられ、東縁に寺院を集中的に配して有事の際の砦とし、また宮川と江名子川を自然の外濠としています。

 築城時期は不明。一説には文安年間(1444−49年)、飛騨国守護代 多賀出雲守により築かれたと伝えられます。多賀氏は崇俊天皇の皇子 定世親王を祖とする中原氏が近江国 多賀神社の神官をつとめて多賀氏を称したのが初源とされ、南北朝期頃には近江国守護職 京極氏の支配下に組み込まれたものと思われます。明徳2(1391)年、「明徳の乱」が勃発すると京極治部少輔高詮は幕府側に加担して軍功をあげ、乱後 飛騨国守護職に任ぜられています。そして飛騨には守護代として多賀出雲守が下向し、飛騨国司 姉小路氏に対する拠点として高山城が築かれたものと思われます。その後、永正年間(1504−21年)以降 高山城には多賀氏の一族 高山外記が在城したと伝えられます。戦国中期、飛騨国南部を制圧した三木氏は さらに北侵を推し進め、永禄元(1558)年 三木飛騨守良頼、大和守自綱父子は広瀬郷の国衆 広瀬宗城と結んで高山盆地に侵攻し、高山外記を天神山城で討ち取りました。そして良頼は天神山城に実弟の久綱を配して高山盆地を掌握し、鍋山安室・畑安高・大谷蔵人・岡本豊前等の国衆を支配下に組み込みました。元亀元(1570)年、自綱は織田信長の招きに応じて上洛をはたし、織田との誼を強めます。そして天正10(1582)年、信長が「本能寺」で横死すると かねてから三木氏と対峙していた高原郷の江馬常陸介輝盛(高原諏訪城主)は三木領への侵攻を開始します。しかし高原勢は三木・広瀬・小島連合軍の迎撃を受けて惨敗を喫し、江馬氏は滅亡しました。(「八日町の戦」) さらに自綱は実弟の鍋山豊後守顕綱(鍋山城主)を討伐、向小島家の牛丸氏、広瀬氏を滅ぼし、同13(1585)年頃には飛騨統一を成し遂げます。しかし同年、「富山の役」で自綱が佐々成政方に加担したため、羽柴秀吉は越前大野城主 金森兵部卿長近に飛騨討伐を命じます。そして飛騨に侵攻した金森勢は三木方の諸城を攻略し、自綱を降伏を余儀なくされました。戦後、長近は飛騨一国の仕置を任され、当初 鍋山城を拠点としました。しかし鍋山城が手狭だったため、天正16(1588)年 天神山城を拡張整備して近世城郭 高山城につくりかえ拠点としました。(竣工は慶長5 1600年) しかし元禄5(1692)年、金森出雲守頼時が出羽国上山へ転j封になると、高山城は加賀前田藩の預かりとなります。そして同8(1695)年、飛騨が天領となり高山陣屋が設置される高山城は破却されました。
歴史・沿革
高山城 本丸使者の間の復元石垣
メモ
中世 ー 飛騨国守護職代
多賀氏の一族 高山氏の要害
近世初期 ー 高山金森藩の藩庁
形態
平山城
別名
天神山城・白雲山城・臥牛山城・多賀天神山城・多賀山城
遺構
郭(平場)・虎口 門祉・土塁・櫓台・石垣・建物礎石・堀(濠)・水の手
場所
場所はココです
駐車場
二の丸に駐車スペースあり
訪城日
平成18(2006)年5月30日
平成31(2019)年4月19日
高山城は高山市街地の東方、通称 城山(臥牛山)に築かれた山城です。(写真左上ー北西からの遠景) でっ、高山城は山頂部の本丸と北麓の二の丸、三の丸からなり、管理人は三の丸からアプローチしました。三の丸の北 ー 東側には幅10m前後の濠が残存し、三の丸側には土塁が想定されるのですが ・・・・・・・・・。(写真右上ー北濠) 三の丸の規模は東西100m×南北120mほど、往時 内部には米蔵や勘定場が置かれていたようですが、現在は飛騨護国神社の社地になっています。(写真左・左下) 三の丸から二の丸へは西側の車道を経てアプローチします。でっ、たどり着くのが二の丸(庭樹院殿屋敷)の南西隅に構えられた大門になります。(写真右下)
二の丸は東側の庭樹院殿屋敷と西側の二の丸屋形からなり、規模は庭樹院殿屋敷が100m四方、二の丸屋形が東西100m×南北80mほど。(写真左上ー庭樹院殿屋敷) 庭樹院殿屋敷の北東隅には鬼門櫓が構えられ(写真右上)、南東隅には裏門が設けられていました。(写真右) また二の丸屋形には白川郷から照蓮寺が移築されています。(写真左下)
照蓮寺は真宗大谷派の寺院で御本尊は阿弥陀如来。天正16(1588)年、金森長近は照蓮寺を白川郷から高山城下に移転しましたが、照蓮寺跡には旧本堂が残り、「照蓮寺掛所心行坊」(中野 照蓮寺)として存続しました。昭和36(1961)年、御母衣ダム建設により移転。本堂は永正元(1504)年 建立。
(写真右下) 二の丸に建つ金森長近像
二の丸から本丸へは いくつかの散策路が設けられていますが、管理人は二の丸南西隅の唐門祉からアプローチしました。(写真左上)
本丸から南側に延びた稜線は鞍部の痩尾根部分を掘り切っていたようです。(写真右上) ま 〜〜〜、中世の遺構なのでしょう。
南の丸(写真左)
本丸の南側下に位置し、規模は25−30m四方ほど。北西隅に大手門が設けられ(写真左下)、本丸へは大手二の門 ⇒ 大手三の門で2度 クランクして本丸表門に繋がるように設定されていました。(写真右下ー大手二の門)
(写真左上) 大手三の門祉
(写真右上) 本丸表門祉と本丸屋形の玄関
 
頂部を加工した本丸は規模 東西100m×南北40mほど、内部は高さ2mの段差で区画された複郭構造になっています。(写真右ー下段 写真左下ー段差部分の石垣 写真右下ー上段) 上段には本丸屋形が設けられ、西端に望楼二重三層の天守櫓が構えられていました。また下段は縁部に横櫓 ー 搦手門・太鼓櫓 ー 十間櫓 ー 十三間櫓がコ状に敷設されていました。なお段差部分の石垣は野面積で復元されたもの、隅部は算木積になっています。
本丸の搦手門は下段の北縁 太鼓櫓に隣接して設けられていました。(写真左上) でっ、導線を降ると東北曲輪に辿り着きます。(写真右上) 東北曲輪の規模は15m四方ほど、導線はここでクランクしていて、外桝形の形状になっています。(写真左下ー東北曲輪の虎口 搦手一の木戸) また南東隅には水の手に繋がる「水の手門」が設けられていました。(写真左) さらに東北曲輪から降ると中段屋形に辿り着きます。(写真右下) 規模は15−20m四方ほど、往時 ここには「崖造り」の殿舎が構築されていたようです。でっ、ここから降ると二の丸屋形に辿り着きます。
ー 動画 飛騨高山城を歩く ー