山田館
秋田県大館市(旧田代町)山田字山田
立地・構造
 山田館は米代川の支流山田川の中流域、北から南側に張り出した丘陵突端(比高30m)に築かれた丘城で、北側の丘陵基部を自然の沢を利用した堀で断ち切り、城域を区画しています。城の規模は東西80m×南北100mほど、城縄張りは頂部を加工した本郭を中心に東・南・西側に段郭群を敷設しただけのシンプルな構造。本郭の規模は東西15−20m×南北60mほど、南側に虎口を設けていたと思われます。また南側に広がる山田地区も丘陵上に位置しており、広義の外郭だったと推測されます。全体的に規模は小さく、要害性の薄い城館ですが、山田川に沿った沖積平野を見渡す高所に位置しており、開発領主の居館として築かれたと思われます。なお山田館の周辺には山田館に関連したと思われる野突館・一本柳館・向家下館があります。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。天正年間(1532−55年)の『浅利與市則頼侍分限帳』には山田館在として「御歩行頭 蟹沢庄兵衛 御番頭 山田助右衛門 山田喜左衛門」の三名の名が記されていますが、このうちだれが山田館に居住したかは不明。蟹沢氏は浅利氏の一族との伝承を持ち、庄兵衛の子孫は藩政期、山田村の肝煎りを務めたと伝えられます。山田氏は出自は不明、在地から発生した開発領主か?。『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくないのですが・・・・・・・・・)によると天正17(1589)年、「湊騒動」の隙をついて南部勢が比内に侵攻すると山田十郎左衛門は檜山安東方に加担したとされます。また『浅利軍記』によると山田館には浅利則頼の家臣勝山越後三郎が居住したとされます。勝山氏の出自は不明、伝承では浅利氏に従って比内に同道した甲斐衆とも、在地発生の土豪とも。天正2(1574)年、勝山越後三郎はかねてから対立していた則頼の弟定頼(花岡城代)と合戦にいたりこれに勝利しましたが、山田館は浅利勝頼の攻撃を受けて陥落、勝山一族は族滅したと伝えられます。(*なお『浅利與市則頼侍分限帳』には勝山越後三郎の名は記載されていません)
山田館 本郭の「勝山越後三郎一族終焉の地」碑
メモ
・・・・・・・・・・・
形態
丘城
別名
勝山城
遺構
郭(平場)
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月21日
山田館は山田川の中流域、山田地区中央の高所に築かれた丘城で、現在は八幡神社の社地になっています。(写真左上ー南西側からの遠景) でっ、館へは西側の車道沿いに鳥居が建てられていて、ここから参道が設けられています。(写真右上ー八幡神社の参道入口 写真左ー参道) よ〜〜〜く見ると参道のある西側斜面は4段の不規則な桟敷段に加工されています。(写真左下) 桟敷段は幅3−6mほど、南側が部分的に広くなっていて(後世の改変か?)公園になっています。(写真右下)
本郭(写真左上・右上)
規模は東西15−20m×南北60mほど、思ったより平場は小さく・・・・・・・・、八幡神社の社殿もないようです。ま〜〜〜、村落領主クラスの居館であれば充分の規模ではあります。内部には「勝山越後三郎一族終焉の地」碑が建てられているのですが・・・・・・・・、。(写真右) 南側に1段虎口受けと思われる小郭が敷設され、東側斜面は2段の段郭に加工されています。(写真左下)
ー 野  突  館 ー
野突館は山田館から北西500mの南方向に張り出した丘陵突端(比高10m弱)に築かれた単郭の平山城で、背後(北側)の丘陵基部を堀で断ち切って、城を独立させています。(写真左上ー南側からの遠景) 規模は東西80m×南北70mほど、背後の丘陵基部を断ち切った堀は幅15m・深さ3−4mほど、現在 内部は耕作地になっています。(写真左) 『郷村史略』には「古城茶臼館又野突館共云、野突勘三郎といふ者居す、秋田実季亡之」と記されています。   (場所はココです)
ー 一  本  柳  館 ー
一本柳館は山田館から南方1100mの丘陵突端(比高10−15m)に築かれた単郭の平山城で、背後の丘陵続きを堀切で遮断して城を独立させています。(写真左上ー南側からの遠景) 規模は東西100m×南北70mほど、背後の丘陵部を断ち切った堀の規模は幅15m深さ3mほど(写真右上)、端部まで長〜〜〜く延ばされています。(写真左) 現在、内部は耕作地になっています。   (場所はココです)
ー 向  家  下  館 ー
向家下館は山田館の北東600mの独立低丘陵(比高10m弱)に築かれた丘城です。(写真左上ー南側からの遠景) 城の規模は東西90m×南北110mほど、周囲は高さ5−6mの切岸に加工され、往時 泥田堀状の湿地帯で囲まれていたのでしょう。(写真右上ー北側の切岸 写真左ー西側の切岸 写真右下ー東側の沢) 内部は耕作地になっているようです。(写真左下) 向家下館を含む3館は外部から山田地区に入る交通の要衝地に築かれており、山田館の出城的な性格があったものと思われます。   (場所はココです)