妻 木 城
岐阜県土岐市妻木町上郷
立地・構造
 妻木城は妻木川左岸の丘陵先端(標高407m 比高200m)に築かれた山城で、規模は東西200m×南北250mほど。城縄張りは山頂ピークに構築された主郭・二の郭を中心に北・東・南・南西側に延びた稜線に郭が展開され、規模は主郭が東西40m×南北50m、二の郭が東西25m×南北30mほど。主郭の北側下には三の郭と段郭群が敷設され北麓からの大手筋を守備監視し、南側下には搦手を守備・監視する南郭が設けられています。また主郭の南西側には堀を挟んで太鼓櫓と呼ばれる郭が構築され、太鼓櫓から南西側に延びた稜線も郭と堀切で処理され、この南方向に対する防衛ラインとなっています。また主郭と太鼓櫓に挟まれた谷戸上部には大土塁が構築され、南西側郭群・南郭とともに搦手に備えた構造
現地案内板の図
になっています。全体的に規模は小さく恒常的な城館ではありませんが、大手・搦手導線を防御する防衛ラインは厳重なもの、また城中枢部には防衛ラインとして高い切岸と横堀が用いられるなど、戦国末期の最新パーツが各所に使用されており、数度にわたり改修が施された有事を想定した城館と推測されます。なお北麓には城主居館・根小屋が想定される妻木士屋敷があります。

 築城時期・築城主体ともに不明。通説では南北朝期の暦応2(1339)年、土岐頼重が祖父である美濃国守護職土岐頼貞の遺領を継ぎ、妻木郷に入部して築いたと伝えられます。その後、妻木氏は守護職土岐氏に従いますが、戦国期に土岐氏が衰退すると同族明智氏とともに斉藤道三に従属しました。永禄10(1567)年、織田信長が美濃を制圧すると、妻木伝兵衛は信長幕下で東美濃を支配していた森可成に降伏します。その後、妻木広忠は明智光秀の与力として各地を転戦、天正10(1582)年の「本能寺の変」にも明智方として出陣するものの、「山崎の戦」で敗北し自害。戦後、家名断絶を免れた広忠の嫡男頼忠は、慶長5(1600)年の「関が原の戦」では東軍に属して、西軍方の岩村城主田丸具安と戦い、戦後 土岐郡内7500石の所領を安堵され旗本として存続しました。しかし万治元(1658)年、当主頼次が嗣子なく急死し、妻木家は改易となり妻木城はこの際 破却されました。
歴史・沿革
妻木城 主郭の石垣
メモ
美濃守護職土岐氏の庶流
妻木氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・石積・堀・水の手・旗立岩・移築城門
場所
場所はココです
駐車場
妻木氏館前に空地あり
訪城日
平成18(2006)年6月2日
ー 妻  木  士  屋  敷 ー
妻木士屋敷は妻木城の北麓に位置する「根小屋」区域で、城主居館・家臣屋敷地からなります。現在、確認できる遺構は南から北方向の緩斜面に3段に普請された平場と石垣です。平場を仕切った石垣は高さ1.5−2mほど(写真左上・左)、中央部には虎口と思われる石段が残存しています。(写真左下) また上段の城主居館部(写真右上)には井戸祉(写真右下)・庭園祉や建物の周囲に敷設した雨落溝が残存しています。
崇禅寺の移築城門(写真右)
崇禅寺は妻木氏初代頼重が文和3(1354)年に創建した妻木氏の菩提寺で、妻木城の城門を移築したものと伝えられます。
 
ー 妻  木  城 −
妻木城は土岐市妻木地区南端の丘陵上に築かれた山城で、覆いかぶさるような迫力のある山頂に位置します。(写真左上) 城へは妻木氏館から主郭まで登山道が整備されています。(写真右上) 登山道はしばらくつずらおれの道を登り、尾根に着いたあたりから郭らしき削平地が見られ、また石塁がゴロゴロ転がる斜面に敷設されています。(写真左) でっ、じきに三の郭に辿り着きます。三の郭(写真左下)は東西20m×南北20mほど、妻木郷(写真右下)が一望にする物見郭、また大手筋を監視する番所的な性格があったと思われます。
二の郭(写真左上)
規模は東西25m×南北30mほど、三の郭からの二の郭への導線は急斜面を登りきったあと北端の虎口に辿り着きます。(写真右上) 虎口は小規模な桝形構造になっています。
主郭(写真右)
規模は東西40m×南北50mほど、二の郭との段差部分は高さ1.5−2mの石垣で補強され、北東端に升形空間をともなった虎口が設けられています。(写真左下) 現在、内部には城山神社が祀られ、南端には旗立岩と称される岩があります。(写真左下)
主郭の西側には伝蔵祉と呼ばれる腰郭が1段敷設されています。(写真左上) でっ、伝蔵祉の西側には堀(写真右上)を挟んで太鼓櫓と呼ばれる郭が設けられ(写真左)、導線が想定される堀に対して両郭から横矢が掛けられる構造になっています。堀の規模は幅15m・深さ7−8mほど。太鼓櫓の規模は20m四方ほど、藪茫々ですが土塁が確認できます。太鼓櫓から南西側に延びた稜線は規模の大きい堀切(写真左下)と削平地(写真右下)で処理されています。堀底には大きめの石塁がゴロゴロ。
主郭の南側には堀(写真左上)を挟んで南郭が構築されています。(写真右上) 南郭の規模は東西15−20m×南北50mほど、内部は3段に削平されています。基本的には搦手口を監視する郭だったのでしょう。主郭・南郭間を遮断した堀は幅10m・主郭側は10mの高い切岸になっていて部分的に石積が確認できます。また堀底は主郭の東側に横堀状に廻り込んでいます。(写真右)
主郭の南西側下には南西側尾根と南側尾根に挟まれた谷戸部に大土塁が構えられ、搦手を守備する構造になっています。(写真左上)土塁の規模は高さは3mほど、南側の谷戸はケッコウな傾斜地になっており、武者隠しのようなものだったのかも。内部には井戸祉と思われる窪地が見られます。(写真右上)