増 山 城
富山県礪波市増山
立地・構造
 増山城は和田川右岸の西側に張り出した丘陵先端(標高120m 比高80m)に築かれた山城で、クランクした尾根を削平し連郭式に繋いだ一の丸・二の丸・三の丸とこれに付随した安室屋敷等の郭群からなります。大手筋は不明ですが、一の丸を大手郭に想定する北西側尾根と推測されます。主郭は二の丸に想定され、ここには北東隅・南西隅に櫓台状の土壇が築かれています。各郭間を分断した空堀は城内を東西に通した城内通路と想定され、上部の郭から攻撃できるように設定されています。導線として技巧的なのは二の丸への導線部分、この導線は一の丸を迂回した通路をスロープ状の通路で一の丸・二の丸間の尾根に繋げ、この間 導線の向きは2度変えるように設定し、さらに二 概念図 クリックすると拡大します
概念図
の丸の虎口は外桝形で区画されています。また搦手にあたる三の丸の東側下の導線は谷と横堀で挟まれた土塁道に構築されています。二の丸・三の丸間の空堀の南側には馬洗池と呼ばれる大きめの貯水池がありますが、これは水の手だったと考えられます。搦手の尾根沿いには足軽屋敷・池ノ平等屋敷等の平場がありますが、これは砦としてより宿泊施設・非戦闘員の逃げ込み郭として普請されたと推測されます。増山城の規模は東西800m×南北600mにわたる巨大な要害ですが、基本的には日常の居住空間を兼ねた館城と想定され、このため麓との比高差は低く、城の防御は城内部の堀と段差を有効に活用した古いタイプの館城だったと考えられます。また増山城を中心として周囲には亀山城・孫次山砦・赤坂山屋敷が配置され、増山城を守備する増山城郭群が構築されています。なお城下(家臣屋敷地・町屋)は西麓の和田川沿いに整備されていたと伝えられます。

 築城時期・築城主体ともに不明。増山城の初見は南北朝期の貞治2(1363)年の史料(『二宮円阿軍忠状』)に「和田城」として見え、足利氏被官の越中国守護職 桃井直常が足利尊氏の弟 直義に加担して尊氏に叛旗を翻した頃に築かれたと推測されます。(「観応の擾乱」) 戦国期の城主は能登・越中国守護職 畠山氏の譜代 神保氏とされます。神保氏は上野国多胡郡神保邑から発祥した千葉氏の庶流で、鎌倉期以降 畠山氏に従属した譜代家臣とされ、南北朝期に越中国守護職となった畠山基国に代わって越中国守護代として越中に入部したと伝えられます。嘉吉元(1441)年に勃発した「嘉吉の変」(畠山氏の内訌)で同じく守護代の遊佐氏が没落すると、神保氏は勢力を拡大して射水・婦負両郡を実質支配するようになり、この頃 増山城は神保氏により改修されたと推測されます。「応仁の乱」後、神保長誠は畠山氏からの独立を目論んで一向一揆勢力と同盟を結ぼ、畠山・長尾(越後国守護代 能景)同盟と対峙し、永正8(1506)年の「般若野の戦」で神保慶宗は長尾能景を討死に追い込んでいます。しかし永正17(1520)年の「新庄城の戦」で慶宗は長尾為景(能景の子)軍に敗北を喫し、慶宗が自害して神保氏は衰退しました。神保氏が再度 勢力を拡大するのは天文年間(1532−55年)に神保長職(慶宗の子)が現れてからになります。長職は天文12(1532)年、神通川を越えて椎名領新川郡に侵攻すると富山城を築いて「越中大乱」と称される越中を二分した内乱を引き起こします。内乱は能登国守護職 畠山氏の仲裁により一時的に沈静化しましたが、長職はなおも松倉城主椎名氏への攻撃をやめず、このため永禄3(1560)年 椎名氏を支援する上杉謙信に増山城を攻略されて降伏し、以後 神保氏は上杉氏に従属しました。同11(1568)年、宿敵 椎名康胤が上杉氏から離脱して武田・一向一揆勢力と結ぶと、神保氏家中では長職の子長住を擁した寺嶋職定(長沢城主)等の反上杉派が台頭します。長職がこの動きを弾圧したことで神保家中は内乱状態に発展しましたが、上杉氏が軍事介入して長住派を鎮圧しました。しかしこの内乱により神保氏家中は疲弊し、さらに元亀2(1571)年 長職が一向衆と結んで上杉支配から離脱したため家中は分裂し、天正4(1576)年 謙信の越中侵攻で増山城はふたたび落城して神保氏は滅亡しました。天正6(1578)年、謙信が死去すると、越中には織田勢力が侵入して上杉軍と武力衝突を繰り返します。同9(1581)年、増山城は佐々成政に攻め落とされ、同11(1583)年 越中が成政に平定されました。しかし同13(1585)年、成政は羽柴秀吉の「富山の役」で降伏し、砺波郡が前田利家領になると、増山城は前田氏の属城となり前田家の被官 中川光重・山崎長鏡が城代をつとめました。元和元(1615)年、「一国一城令」により廃城。
歴史・沿革
増山城 二の丸・安室屋敷間の堀切(堀底道)
メモ
越中国(砺波郡)守護代
神保氏の館城
形態
山城
別名
和田城 
遺構
郭(平場)・櫓台・土塁・虎口・堀・水の手
場所
場所はココです
駐車場
北側下のウラナギ口に
駐車スペースあり
訪城日
平成17(2005)年9月 7日
平成21(2009)年3月30日
増山城は和田川の左岸、西側に張り出した標高120mの丘陵上に築かれた山城で、和田川を自然の濠としています。往時、城下は西麓の和田川沿いに構えられていましたが、現在は増山湖の底に水没しています。城へは北西側のウラナギ口と西側の七曲り口に登り口があり、どちらも和田川に繋がっていることから往時の城道だったのでしょう。増山城2度目の訪城となった管理人はウラナギ口から登りました。登山道は谷地に敷設された登りやすい道で、中腹を過ぎたあたりで左右の尾根には見事な薬研堀が見られます。
ウラナギ口 登山道 堀切
登山道を登り切ると一の丸北側下の帯郭に辿り着き、ここで西側からの七曲り口道と合流します。実はこの帯郭は城内一巡する通路で、各郭はこの通路で繋がっています。 一の丸
城内西端の郭で、北西から北・東側下に大手城道(城内通路)が通っていることから、これを監視・防御する目的があったと思われます。
二の丸への導線
一の丸の側面を通った通路は一の丸・二の丸間の尾根を通りニノ丸に繋がるように設定されています。この際、スロープ状の通路で2度向きを変える構造になっています。スロープ状通路の側面には石垣祉(写真左下)の表示がありますが・・・・・、大きめの埋石が3−4個あるのみ。二の丸の虎口(写真右下)は南側に木戸口を兼ねた櫓台が築かれ、前面はどうも外枡形状だったようです。
二の丸
実質的な主郭と想定され、四周は急峻な切岸が削崖されています。一の丸とは尾根鞍部を利用した通路で繋がり、一の丸と城の中枢をなしていたと推測されます。北東端には高さ4−5m・10m四方の鐘楼堂(写真左下)と呼ばれる櫓台が築かれ、鐘楼堂から東側縁部には高さ1.5−2mの分厚い土塁が築かれています。
神水鉢(写真右下)
円形の窪みのある石で、渇水期でも常時溜水し、城主は水に映る月影で時間を知ったとされます。(「説明板」から)
 
空堀
城内で最も中世城郭を感じさせる遺構です。切岸は高さ10m弱あり、堀底は城内通路となっていて、曲折しながら東西に延びています。しかし・・・・、これってものすごい土木量が必要だったのでしょうね・・・・・。
馬洗池
一の丸の東側下に位置する貯水池です。規模も大きく、水の手だったと推測されます。
   
三の丸の東側下の搦手導線も特徴的なものです。導線は帯郭状に敷設されていますが、三の丸との境目には横堀が穿たれ、土塁道になっています。なお横堀はそのまま堀切に変化します。 足軽屋敷
搦手尾根にある郭ですが、ほとんど削平されておらず自然地形で使用していたと思われます。「現説」によると有事の際の宿泊施設だったようです。
 
さらに尾根を東進すると巨大な堀が現れます。ここが城内の東端になるのか?。尾根鞍部を利用した巨大な自然の堀です。 入水井戸
上杉軍の攻撃を受けて増山城が落城した際、神保夫人が身投げをした井戸と伝わります。井戸は径1mほどで、周囲は池ノ平等屋敷と呼ばれる平場で非戦闘員の詰郭だったのでしょう。
ー  亀  山  城  ー
亀山城は増山城から北側の谷を挟んだ小ピーク(標高133m 比高90m)に築かれた山城で、増山城の北方を守備した出城と推測されます。全体の規模は東西100m×南北150mほど、単郭の砦で神保安芸守が守備したと伝えられます。(場所はココです)
亀山城へは増山城との鞍部の林道から登り道(写真左)があります。しばらく進むと南西側尾根の堀切(写真中)が現れます。その後、登り道は南西側尾根(写真右)を登るように設定されていることから、堀切は木戸口を兼ねたものだったのでしょう。
さらに南西側尾根を登ると尾根幅が広がり、この部分にも堀切(写真左上)が敷設されています。亀山城は単郭の城砦で、主郭の規模は東西40m×南北70mほど、中央には郭を南北に分割したと思われる窪地が見られます。内部はかなり凸凹しており、また端部の尾根部分の処理も甘く、全体としてベロ〜ンとした平場になっています。なお南側下には小郭(写真右上)を1段敷設させています。